« 北海道開拓の村 その2 | トップページ | 北大総合博物館1 »

2017年3月22日 (水)

探鳥日和「オオアカゲラ、コゲラ」、根周り穴

 
野幌原始林でアカゲラよりも少し大きなキツツキ、オオアカゲラのメスに出会いました。
 
私の上空を飛んですぐ近くの木に止まり、忙しそうに木を啄き始めました。餌探しをしているようです。
 
Img01
 
 
 
 
 
 
 
 
アカゲラよりも大きいだけあって、そのくちばしも太くて立派でした。そんな大ノミを激しく
 
木の幹に叩きつけます。大きな打撃音があたりに響き渡り、木くずは飛び散り・・・
 
Img02
 
 
 
 
 
 
 
 
あっという間に木の中の方まで掘り進み、虫が隠れている穴を見つけました。
 
Img03
 
 
 
 
 
 
 
 
かなり熱心に木を啄いていますが、それでも時々その手(?)を休めてあたりを窺ったりも
 
していました。一体どんな生き物がオオアカゲラの天敵だというんでしょう?
 
Img04
 
 
 
 
 
 
 
 
さらにもうひとつ、穴に隠れている虫を発見! さっそくくちばしでほじくり出します。
 
Img05
 
 
 
 
 
 
 
 
もう冬も終盤になると、すぐ木の皮の下に隠れている虫はたくさんいるキツツキたちに
 
食べ尽くされてしまい、こんな中の方まで探さないといけないのかもしれませんね。
 
キツツキたちの苦労が偲ばれます。
 
Img06
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ギー」という鳴き声とともに現れたのはこちらのコゲラくん。すぐそばでは何羽ものコゲラたちが
 
木を啄く軽やかなドラミングの音も聞こえていました。
 
Img07
 
 
 
 
 
 
 
 
今回初めて、背中に暖かそうな柔らかい羽毛が生えていることに気がつきました。薄手のショールを
 
羽織っているようにも見えますね。冬毛なんでしょうか? 上に載せた写真をよく見ると
 
オオアカゲラの背中にもあるようです。
 
Img08
 
 
 
 
 
 
 
 
虫探しの手を休めて、こちらの様子を窺っているようなポーズも。
 
Img09
 
 
 
 
 
 
 
 
小さいだけでなく、なんとも愛くるしい表情もこの子たちの特徴ですね。
 
くちばしに木屑をつけて・・・ そばの枯れ枝なんか、大勢のコゲラに啄かれたとみえて
 
もうボロボロになってますね。
 
Img10
 
 
 
 
 
 
 
 
「おっ、ヤッター、虫みっけ!」 そんなことを言ってそうな顔に見えませんか?
 
Img11
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな風にしてキツツキたちと遊んでいるとき、初めて聞く鳥の声が聞こえてきました。
 
ま、私の場合、いろんな鳥の声が初めて聞くものばかりという素人ではありますが・・・
 
かろうじて捉えた姿がこれですが、どこにいるかわかりますか?
 
Img12
 
 
 
 
 
 
 
 
同じくこちらも初めて聞く鳴き声の鳥。木の枝のてっぺんにとまっていたんですが、カメラを向けた瞬間
 
飛ばれてしまいました。札幌の鳥はまだまだ知らない鳥ばかり。
 
Img13
 
 
 
 
 
 
 
 
さて札幌もずいぶん春らしくなってきました。こんな季節になると見られるのがこの根周り穴。
 
木の周りの雪が先に溶けていく現象で根開けともいいます。
 
雪国ならではの気持ちがホッとする風物詩です。
 
Img14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 北海道開拓の村 その2 | トップページ | 北大総合博物館1 »

コメント

オオアカゲラはお腹が赤いのですね。この個体は頭に赤色がないので女の子でしょうか。

こんな鳥が見れるなんてさすが北海道です。

そちらも春の兆しを感じられるようになりましたね。

もうじき4月がやってきます。

少し前には大きなキツツキのクマゲラを紹介して下さいましたね♪
アカゲラはお腹の方の羽がほんのり紅く染まって綺麗ですね(o^-^o)
コゲラは小さくて(くちばしも小さいですね)可愛らしい♪
ドラミングの音もそれぞれ違うのでしょうね??それと、冬場?は重ね着を
しているというのは大発見ですね!!
木の細い枝に止まっていて飛んでっちゃった鳥は何の鳥なんでしょう?
しろねこ仙人さんにもわからないとは???

根周り穴も面白いですね。札幌にもそろそろ春の到来ですね~bud

「北海道開拓の村その2」も見せていただきました。
しろねこさんの蛮から時代も覗かせていただいてるような気分で、
楽しませていただきました♪♪

 
catさなえさんへ
 
オオアカゲラはお腹がほんのり赤くておしゃれですね。で、はい、

おっしゃる通りこの子は女の子ですね。

クマゲラやヤマセミもそうですが、こんな鳥が札幌市内で普通に

見られることがすごいと思います。

気温はだいぶ上がってきて、最高気温はプラスになる日も多くなって

きましたね。春まであともう1歩というところまできたようです。
 

 
catひめねずみさんへ
 
クマゲラやオオアカゲラといった大型のキツツキが普通に見られるのが

札幌のすごいところだと思います。200万都市ですからね。

オオアカゲラのお腹がほんのり赤いのはとってもおしゃれな感じが

しますね。

それに比べるとコゲラは可愛らしい感じの強いキツツキだと思います。

ドラミングの音も軽やかですね。32分音符ぐらいの速さがあるのでは

ないでしょうか?

あの薄手のショールのような羽毛は重ね着なんでしょうかね。おもしろい

発見だと思います。

私の野鳥の知識は身近な鳥から得たものですから、札幌の野鳥はまだまだ

わからないものだらけですね。

札幌も春近しと思っていたら、昨日から大雪となり、また一面の銀世界に

逆戻りしてしまいました。やっと雪かきから解放されたと思っていたのに、

裏切られてしまいました。

北大はどちらかというと蛮カラ色の強い大学ですが、それでももう本格的な

弊衣破帽の学生は応援団以外はあんまりいませんでしたね。

私も高下駄を履いて北大構内や市内を闊歩する程度でした。でもこの高下駄の

せいでよくすっ転んだものでしたが。
 

オオアカゲラのお写真はまるで3Dを見ているように立体的に見えます(*^_^*)
普通に観察できるなんて本当に凄いですね。
背中の薄手のショールは私も初めて拝見しました、凄いですね~!
良いもの拝見できてひとつ物知りになったようで嬉しいです。

昨夜は真夜中に突然雹が降ってびっくりしました。
その後雷、雨でしたよ。

そうそう、モモイロタンポポは随分と蕾も成長してきました。
一番先に咲きそうな鉢は、旅行中に水遣りのお世話をしてくれた友人に差し上げました。
もう咲いている頃かも知れません。
毎日がワクワクです(*^_^*)

 
catmoonさんへ
 
3Dですか、素敵に褒めていただいて本当にありがとうございます。

こういう鳥が普通に見られるのが札幌の素晴らしいところですね。

背中のショールも新たな発見で、私もなんか嬉しかったですね。今まで

札幌では冬の野鳥に出会うチャンスがありませんでしたが、こうして

冬を歩いてみると意外なものが見つかったりするんですね。

ちょうど昨日は西の方から天気が崩れてきていると天気予報で言って

いました。雹や雷も鳴っていたんですね。千葉の方も随分寒かったよう

ですが、季節の変わり目には時々こういう荒れた天気になることが

ありますね。

モモイロタンポポ、楽しみですよね。沢山咲いてくれると私も嬉しいです。

でも咲くのは5月ごろと思っていましたが、もう咲きそうですか?

咲いたら写真を見せてくださいね。楽しみにしています。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道開拓の村 その2 | トップページ | 北大総合博物館1 »