« 北大総合博物館2 | トップページ | サンピアザ水族館2 »

2017年4月15日 (土)

サンピアザ水族館1

 
毎度おなじみのサンピアザ水族館です。
 
 
まず最初はおでこが(鼻が?)ちょっと突き出たテングハギです。天狗と名前がつく以上は
 
やっぱりこの出っ張りを鼻に見立てているんでしょうね。
 
Img01
 
 
 
 
 
 
 
 
よく似たこちらはヒメテングハギです。ヒメと名前が付いているくせにこちらの方が鼻が
 
長かったりします。普通は小さい方にヒメと名付けるはずなんですが・・・
 
Img02
 
 
 
 
 
 
 
 
世界最大のタコ ミズダコのメスです。これ、とっても美味しいんです。
 
タコの雌雄は吸盤で見分けるそうで、吸盤が整然と並んでいるのがメスだとか。
 
Img03
 
 
 
 
 
 
 
 
クロベンケイガニです。いかつい姿形をしていますが、名前の由来はこちら側ではありません。
 
Img04
 
 
 
 
 
 
 
 
名前の由来は甲羅の模様が弁慶の顔に似ているから、ということのようですが・・・
 
どこかアンパンマンのようにも見えてしまうのは私だけでしょうか?
 
Img05
 
 
 
 
 
 
 
 
メガネカラッパというカニの仲間ですが、残念ながら後ろ姿です。表面に産毛のように生えた
 
何かの生き物が可愛らしいアクセントになっていました。
 
Img06
 
 
 
 
 
 
 
 
スザクサラサエビです。綺麗な模様をしているエビで、ハタやウツボの体についた寄生虫を食べる
 
クリーニングシュリンプでもあるそうです。
 
Img07
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのオトヒメエビもクリーニングシュリンプだそうです。この綺麗な模様もクリーニング屋さん独特の
 
色合いなんでしょうね。
 
この子はヒゲも長いですが、ハサミも長い!
 
Img08
 
 
 
 
 
 
 
 
アマゾン川に生息しているリーフフィッシュです。枯葉に擬態している魚で、とにかくじっと
 
している魚なので写真には撮りやすいです。でもそのおとなしさとは裏腹に、かなり獰猛な
 
魚食魚であるようです。よく見ると大きな口をしているニュアンスが見て取れますね。
 
Img09
 
 
 
 
 
 
 
 
ニシキテグリという熱帯魚です。なかなか派手な模様の魚ですが、サンゴ礁にいるとこの模様は
 
意外と目立たないそうです。なるほど、そういうものなんですね。
 
Img10
 
 
 
 
 
 
 
 
結構活発に動き回る魚だったのでしばらくその動きを眺めていましたが、浮き袋を持って
 
いない魚特有の泳ぎをしていました。
 
Img11
 
 
 
 
 
 
 
 
クリオネです。さすがは北海道の水族館、いつもちゃんと展示していますね。
 
Img12
 
 
 
 
 
 
 
 
ケヤリムシというゴカイの仲間です。鰓冠と呼ばれる毛槍状のものを全部出していると
 
花が咲いたようでとっても綺麗だったのですが・・・
 
Img13
 
 
 
 
 
 
 
 
ミナミトビハゼです。でっかいギョロ目がこの子の特徴ですね。
 
Img14
 
 
 
 
 
 
 
 
パンクヘアのお兄さんはイワトビペンギンですね。両足を揃えて岩の上を飛び跳ねる姿は
 
愛嬌たっぷりでした。
 
Img15
 
 
 
 
 
 
 
 
ムンクの叫び? サメバージョン!
 
Img16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 北大総合博物館2 | トップページ | サンピアザ水族館2 »

コメント

北海道の水族館はちょっと違いますね。
カニシリーズも面白いですよ。クロベンケイガニがいいですね。

スサクサラエビは超かわいい。ニシキテングリは人間が入れ墨を入れたようです。
ペンギンのお兄さんもいいですね。

 
catさなえさんへ
 
ここは小さな水族館ですが、それなりに楽しめますね。

クロベンケイガニはうちの近所にもいませんでしたっけ? 淡水性の

カニですが、どこかで見かけたような気がします。

スザクサラサエビは可愛らしいエビですよね。それでもオスは大きな

ハサミを持っているそうです。ニシキテグリもユニークな模様をして

いますね。この子は東京湾によくいるネズッポ(ネズミゴチ)の仲間

だそうです。だとすれば、美味しいかも。

イワトビペンギンはちょっと強面のお兄さんといった感じがしますね。
 

サンピアザ水族館はしろねこ仙人さんの札幌のお宅から
近そうですね。羨ましいです(≧∇≦)♪

テングハギって見ていて楽しいです。ミズダコもいいですね(もちろんお味もですが)。
クロベンケイガニの甲羅にハハハ、アンパンマンの顔があります、ありますぅ!
シュリンプちゃんたちも可愛い♪♪
ケヤリムシも好きです(*^^*)

後半は傑作選ですね。
(モノクロなのでいっそう)宇宙人ぽいミナミトビハゼがちょっと怖かったりΣ(゚д゚;)
水面の波の形や色彩とサメの表情はまさにムンクの「叫び」ですね~~~

水族館の面白い生き物たちを沢山見せていただき、
とっても楽しませていただきました(^^♪

 
catひめねずみさんへ
 
この水族館はうちから地下鉄で2駅の近さにありますので、割としょっちゅう

出かけてしまいますね。

テングハギは面白い顔をしていますよね。一度見たら忘れられない顔だと思います。

ミズダコは大きな水管から勢いよく水を吐き出していました。目にもリラックス
 
ムードが漂っていてのどかですよね。

クロベンケイガニの甲羅にアンパンマンを見てくださり、ありがとうございます。

ね、見えますよね。

ケヤリムシは大きく花開いていたらもっと綺麗に見えたのに、残念でした。

ミナミトビハゼはご推察の通りモノクロにしてみました。ちょっと面白い顔に

なりましたでしょうか?

ムンクの叫びの空とこの水面のイメージが重なって見えましたので、こんな

キャプションをつけてみました。サメの表情もちょっと面白かったですね。

私の戯れにお付き合いいただき楽しんでくださって、ありがとうございます。
 

しろねこさんのお家から二駅の近さは良いですね~。
この間行った大阪の「ニフレル」で見たお魚や海老などもいて、思い出したりしています。

イワトビペンギンは何年も前にCMに出てから大好きになりました。
調べてみると1995年「資生堂HGスーパーハード」という男性用のヘアームースなんですね。
良く口ずさんでいましたʅ(‾◡◝)ʃ

 
catmoonさんへ
 
この水族館は交通の便もいいところですから、よく幼稚園児たちが

先生に引率されて遊びに来たりしています。小さな水族館なので

「ニフレル」のような迫力はないと思いますが、それなりに楽しめる

ところだと思います。

イワトビペンギンのCMは私もよく覚えています。ペンギンがこのムースで

ビシッと決め外に出ると、風に飛ばされて氷山にズブっと刺さっちゃうやつ

でした。笑えるCMでしたね。

そうか、資生堂のCMだったんですね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北大総合博物館2 | トップページ | サンピアザ水族館2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ