« サンピアザ水族館1 | トップページ | 探鳥日和「ヒバリの縄張り争い」 + モモイロタンポポ »

2017年4月22日 (土)

サンピアザ水族館2

 
水族館にいる魚の顔に注目してみました。意外と人間臭い顔をしている魚がたくさんいるんですね。
 
 
サザナミフグのお兄さん、どこかで会った人のような気がしてしまいます。
 
Img01
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのフグは何か物言いたげな表情をしているような気が・・・
 
Img02
 
 
 
 
 
 
 
 
何て言ってるのかな?
 
Img03
 
 
 
 
 
 
 
 
ネコザメの顔もユニーク!
 
Img04
 
 
 
 
 
 
 
 
正面に回ってみると、鼻(?)にずいぶんな特徴がありますね。
 
このサメはその卵もすごく変わっています。興味のある方はネットで検索してみてください。
 
Img05
 
 
 
 
 
 
 
 
マアナゴ、千葉では別名「はかりめ」とも呼ばれています。側線孔の連なりが棹ばかりの
 
目盛りに似ていることからこう呼ばれています。
 
東京湾奥の行徳に住んでいた頃は、夏の夜釣りでよくこの魚を狙ったものでした。
 
Img06
 
 
 
 
 
 
 
 
顎の下に大きなヒゲが2本あることから、その名もオジサン! (赤い服着てるのにね)
 
残念ながら泳いではくれませんでしたので、肝心のヒゲはあまりよく見えませんでした。
 
Img07
 
 
 
 
 
 
 
 
ホッケの大あくび! 
 
この日は眠たかったのか、盛んにあくび(?)をしていました。
 
Img08
 
 
 
 
 
 
 
 
鋭い歯と大きな口を持っていますので噛まれると大変なことになりますが、その表情は意外と
 
穏やか。
 
Img09
 
 
 
 
 
 
 
 
目が張っているから目張る(メバル)。カサゴの仲間です。
 
背びれがインディアンの羽根飾りのようでかっこいいですね。
 
Img10
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはシマソイ、やっぱりカサゴの仲間ですが、カサゴの仲間はみんな、なんか志村喬に
 
見えてしまいます。
 
Img11
 
 
 
 
 
 
 
 
マゴチって、その昔ゴジラが東京に上陸した時に踏んづけられてしまったような顔をしていますね。
 
これも東京湾でも採れる美味しい魚です。
 
Img12
 
 
 
 
 
 
 
 
この青い目の外人さん(?)はヤイトハタです。
 
目のすぐ先にふたつあるのが鼻の穴。前の穴から水を入れて匂いを嗅ぎ、その水を後ろの穴から
 
排出します。鼻の穴が4個あるんですね。
 
Img13
 
 
 
 
 
 
 
 
オホーツク海等の寒い海に棲んでいるオオカミウオです。
 
狼のような鋭い牙を持っていることからこの名前があるようですが、水族館で飼われて
 
いますので、喧嘩しないように牙は抜いてあるようです。
 
見るからに悪そうな面構えをしていますね。
 
Img14
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらの強面さんは天下のピラニアくん。 やっぱり顔が怖い!
 
Img15
 
 
 
 
 
 
 
 
最後にお口直しの1枚。
 
北海道のふきのとうは葉っぱは柔らかそうで、花もきっちりまとまっているようです。
 
Img16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« サンピアザ水族館1 | トップページ | 探鳥日和「ヒバリの縄張り争い」 + モモイロタンポポ »

コメント

フグシリーズいいですね。どのフグもかわいらしいですよ。

魚の顔ばかりどの顔も特徴があって面白いですわ。

でもおいしそうに見えないのは魚嫌いからでしょうか?

 
catさなえさんへ
 
どのフグもどこかとぼけたような表情をしていますよね。

可愛らしくもありひょうきんそうでもあり、楽しい魚だと

思います。

こうして見てみると魚それぞれに独特の顔をしていますね。

こんなところにも水族館の楽しさがあるように思います。

魚嫌いとは残念でしたね。美味しい魚もたくさん写って

いるんですがね。
 

いや~、楽しめました♪
顔だちを人間に見立ててみていくと、面白いですね~(*^^*)

猫ざめの卵を見てきましたが、ほんと、驚き!
まるでドリルですね。
ひとつ物知りになりました♪

毎年フキノトウのてんぷらは食べています。
しろねこさんは、食べられるのかな?

 
catmoonさんへ
 
moonさんに楽しんでいただけたのはありがたいことだと思います。

moonさんの写真感性をただただ見つめるだけでしたが、なんとか

その端っこにでもかじりつけないかとがんばってみましたが、ま、

とりあえずこの程度の結果でした。

カメラもカメラですが・・・(いや、そういうことではないか)

ネコザメの卵は面白いですよね。産んだ当初は柔らかいようですが、

この形なので岩の隙間にきっちり収まった後硬くなるので、そのまま

中で子供がきちんと育つようですね。卵の数が少ないのがこのシステムの

出来の良さを物語っていますよね。

moonさんはふきのとうはお好きでしたか? 私はこの苦さがちょっと

苦手です。天ぷらならば食べられるのですが、茹でたのは・・・

以前はうちの庭でもタラの芽を育てていましたが、これは大好きです。
 
で、母も以前通り元気になり、一人で生活できるようになりましたので

明日、私は千葉外房の自分の家に戻ることにしました。

7か月ぶりにピッピに会えることをものすごく楽しみにしています。

しばらくぶりで会ってもヤツに何の感動もないことはわかっているのですが、

こちらでネコを見ることがなったのでものすごく楽しみなんですよ♪
 

久しぶりにパソコンを開きましたら、水族館の第2弾でしたfish
色々なお魚たちの顔を見せていただいてくすくすっとしながら、
楽しませていただきました(^^♪
お魚の口って個性的でどのお魚の口もおもしろいですね( ^ω^ )

私は大抵フキノトウはフキみそにして食べます(天ぷらもいいな~と思いつつ、
手抜きの方で・・・)。ほろ苦くて美味しいですdelicious

お母様、元気になられて本当に良かったですね♪♪ お母様はちょっと
寂しくなっちゃいますね😢

今日はもう千葉に帰られているんですね。
ピッピちゃんの反応はどうですか?
久しぶりの千葉の気候はやっぱり暖かく感じられるでしょうね。
新たな千葉からの発信も楽しみにしていますね~(^^♪

4∼5日前からモモイロタンポポが咲き出しました~♪
ずいぶん茎が伸びてびっくり!

 
catひめねずみさんへ
 
そうなんですよね、魚の顔の中でも口には面白い表情がありますよね。

ひめねずみさんにも楽しんでいただけて嬉しいです。

ふきのとうは春の味覚ですよね。でもこのほろ苦さが私はちょっと苦手で。

私はあまり味覚が発達していないのかもしれません。

最初にピッピとご対面した時はちょっとびっくりしたようで、一瞬逃げようと

しまいましたが、すぐに私だと気がついてそばに寄ってきました。

撫でてやるとゴロゴロ喉を鳴らすのですが、同時にシャーっと威嚇もし、

本人もいまいちどうしていいかよくわからなかったようです。まさにツンデレネコ

そのままでした。

はい、千葉はずいぶん暖かかったですね。汗ばみながら帰り着きました。

モモイロタンポポは咲き出すと一斉に咲くと思いますので、愛でてやって

ください。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンピアザ水族館1 | トップページ | 探鳥日和「ヒバリの縄張り争い」 + モモイロタンポポ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ