« 探鳥日和「ヒバリの縄張り争い」 + モモイロタンポポ | トップページ | 探鳥日和「キジの幌打ち、コジュケイ、ウグイス、コゲラ」 »

2017年5月 7日 (日)

探鳥日和「オシドリ、コチドリ、ホオジロ、オオヨシキリ」

 
野鳥のことに詳しいあくあまりんさんに情報をいただきまして、早朝散歩の時に行ってみましたら
 
オシドリに会うことができました。 あくあまりんさん、いつもありがとうございます。
 
朝早いこともあって、隣のカルガモはまだ白河夜船のご様子。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
しかも3羽もいました。 ほんと、きれいな鳥ですね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
でもそこに一緒にいたのは・・・ 
 
もしかして、君はマガモのメス? 今はもう5月だよ! 美男のオシドリたちと遊んでいるうちに
 
北帰行の仲間たちに置いていかれちゃったんでしょうか?
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはコチドリ。
 
目の周りの黄色いアイリングが可愛らしいですね。この子たちも前回ご紹介したヒバリと同じ場所で
 
見ることができますので、毎年この季節の常連さんということになります。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
続いてコチドリが2羽。
 
「ピゥ、ピゥ、ピゥ、ピゥ」と、よく通る声で鳴き交わしています。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてコチドリが3羽。 
 
ヒバリと同じ場所にいるのに、争っているヒバリとは違ってこの子たちは仲良しです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
草むらで出会ったのはホオジロ。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
その鳴き声は「一筆啓上仕り候」。
 
そう聞けば聞こえなくもない、かな?
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはオオヨシキリ。
 
この子ははっきりきっぱり「ギョギョシ、ギョギョシ」と鳴きますね。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
大きな口を開けて、鳴き声も大きいですね。 
 
そのせいかどうか 行々子 口から先に 生まれたか なんて、小林一茶に詠まれていますね。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
垂直に伸びる葦にいつもつかまっているせいか、足指も立派ですね。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚はご存知アヤメです。
 
花弁の基部に綾目模様があるのが特徴ですね。これも好きな花です。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 探鳥日和「ヒバリの縄張り争い」 + モモイロタンポポ | トップページ | 探鳥日和「キジの幌打ち、コジュケイ、ウグイス、コゲラ」 »

コメント

オシドリが綺麗ですね。昼間行ってみましたがいませんでしたよ。
今度は朝早く行ってみます。早朝は鳥たちの世界なんですよね。
らい君とさんぽをしていたころを思い出しましたね。

コチドリやヒバリにもあってみたいです。

 
catさなえさんへ
 
札幌では普通に見られるオシドリですが、この辺りでは貴重な鳥だと思います。

今はこの田んぼをねぐらにしているようですが、ここも田植えが始まれば

いなくなってしまうと思いますよ。明日朝にでも行ってみることをお勧めします。

ここはカワセミポイントでもありますしね。

鳥撮りは絶対に朝ですね。らいちゃんと散歩をしていた時間帯でいろんな鳥に

出会えると思いますので、そんなことを思い出しながら歩いてみるのも楽しい

のではないでしょうか? たくさんの鳥に出会えること請け合いです。

ヒバリとコチドリは今毎朝会える確実なポイントですから、期待しながら行って

みてください。面白い写真が撮れると思いますよ。
 

同じ趣味を持つお友達がいらっしゃるって心強いですね♪♪

田んぼでのどかに泳ぐオシドリたち、ほんとにきれいですね。
マガモはオシドリのことが気に入って渡りを止めちゃったんでしょうか?
鳥の気持ちがわかったら面白いですね!

仲良しのコチドリたちも可愛らしいですね(o^-^o)
私もコチドリやヒバリやホオジロに会ってみたいです。
ギョギョシ君は前にも見せていただきましたね。声を聞いただけで私でも
わかりそうな鳴き方???
房総の方は暖かそうで、鳥たちも棲みやすそうですよねー(^^♪

アヤメって綾目模様があるからアヤメなんですね!また一つ好いことを
教えて頂きました(*^ω^*)ノ彡

 
catひめねずみさんへ
 
はい、近くに鳥のことをいろいろ教えてくれる人がいるのはありがたいことですよね。

鳥に詳しいこの方に、さらに師匠と仰ぐ人がいるんですから、この世界もかなり奥が

深そうです。

オシドリはなんともきれいな鳥ですよね。札幌ではすぐ近くにまでいろんな鳥に近寄れ

ますので逆にあまりありがたみがなくなってしまいますが、やっぱりこんなきれいな鳥に

出会えるのはすごいことだと思います。

野鳥と出会うのにはちょっとしたコツみたいなものがあるように私は思っているんですよ。

ひめねずみさんがお住いのところも自然豊かなところのように感じていますので、たくさんの

野鳥がいるのではないでしょうか? 車で走るだけでなく、朝、自分の足で歩いてみると

いろんな鳥に出会えるような気がします。

ギョギョシ、オオヨシキリはその鳴き声を聞けばすぐにわかると思います。野鳥と出会う

出発点は鳴き声ですから、少しずつではあっても自分の中に鳴き声ライブラリーを

増やしていくことが大事なのかなと思っています。

 ・・・な〜んて偉そうなことを言いましたが、私もまだまだわからない鳥ばかりです。

何れ菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)

綾目模様の部分が黄色い筋であればハナショウブ、白筋ならばカキツバタ、

そんな簡便な見分け方もあるようですよ。えへへ、ネットの受け売りですが。
 

こちらでも遠くですがオシドリを見ることが出来ます。
本当に色鮮やかなデザインで、綺麗な水鳥だと思います。
コチドリも沢山一緒にいるんですね~。私はいつも1羽くらいしか見てないので
珍しい光景です(*^_^*)

アヤメ・・クッキリと優しげに撮られていますね~、ナイスショットナイス ( ̄一* ̄)b

 
catmoonさんへ
 
オシドリは札幌では1〜2mの距離で見ることができますので、かえって

ありがたみがなくなってしまいますが、外房の地では遠望であっても

ワクワクしてしまいます。ほんと、きれいな鳥ですよね。

今の季節、コチドリはよくヒバリと一緒にいることが多いですね。

花を撮るのは私にとってはかなり難しく感じています。なのでこっそり

少しだけ載せるのが私流かも・・・
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 探鳥日和「ヒバリの縄張り争い」 + モモイロタンポポ | トップページ | 探鳥日和「キジの幌打ち、コジュケイ、ウグイス、コゲラ」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ