« 2017年5月 | トップページ

2017年6月の5件の記事

2017年6月25日 (日)

探鳥日和「巣箱のシジュウカラがついに巣立ちました」

 
シジュウカラの親たちが巣箱に虫餌を運び始めてから2週間以上経った頃、ヒナたちが巣箱から
 
顔をみせるようになりました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
親も、餌を持ってきてもすぐには巣箱に入らなくなってきました。巣立ちが近いのでしょう、ヒナたちを
 
巣箱の外に導くような仕草をしています。
 
啐啄(そったく)同時という言葉があります。ヒナが卵を割って出てくるとき中から殻を叩くと(啐)、親もそれに
 
合わせて外から突いて殻を割る(啄)、そんな絶対の好機を表す言葉ですが、親はヒナが飛べるように
 
なったこともちゃんと理解して巣立ちを促しているんだろうと思います。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて巣箱の外から給餌する姿が見られるようになってきました。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒナの位置からすると、中では他のヒナを踏み台にして巣穴まで出てきているような気がします。おいおい!
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
親が大きな虫を捕まえて巣箱へ戻ってきます。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
巣には入らず屋根に止まります。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
「おいしい餌を持ってきたよ。出ておいで!」
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
「餌ちょうだ〜い! お腹すたよ〜!」
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
「食べたければ出ておいで!」
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
親に導かれてヒナも巣箱から身を乗り出したりするようになりました。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
でもなかなか飛び出す決心がつかない様子です。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
何度も身を乗り出したり引っ込んだりを繰り返していましたが、とうとう最初の1羽が意を決したようです。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
ついに飛び出しました。
 
危険を恐れずに全く新しいことにチャレンジするベンチャー精神溢れる人のことを、敬意を込めて
 
ファーストペンギンと呼んだりしますが、この最初に飛び出したヒナもまさに勇敢なファーストペンギン
 
そのもでした。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
あとはもう、堰を切ったように次々にヒナたちが飛び出して行きました。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
10羽前後のヒナたちが巣立っていったようですが、これから本当の試練が待ち構えているんだと思います。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
またひとつ、生命のたくましさとか自然の厳しさを見せてもらった気がします。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年6月19日 (月)

探鳥日和「今年も庭の巣箱でシジュウカラが子育て中」

 
5月に入ってからのことでした。今年もシジュウカラが、庭のクスノキにかけた巣箱をチェックしに
 
やってくるようになりました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
「作りもしっかりしているようだし、ここいいんじゃない!」
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
「よし、ここ気に入った! ここで子育てしよう!」
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
その後、メスがせっせとコケなんかを巣箱に運び始めました。巣作りはメスが主導権を握っているようです。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
オスはそばの木に止まって「ツツピー、ツツピー」と声援を送っていました。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて雛がかえったようで、せっせと虫餌を運び始めました。
 
餌運びはオスメス共同で行っているようです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
虫は必ず弱らせてから持ってくるようです。きっと雛への配慮なんでしょうね。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
面白いことに、こうやって虫をくわえていても「グジュグジュ、ツピー」と鳴けることを発見!
 
喉で鳴いているからでしょうか?
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
巣箱に入って雛に餌を与えた後は、こうやって雛がした糞を巣外へと運び出します。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
この行動は、巣の雛が外敵に狙われないための配慮なんでしょうね。用心深い鳥です。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
昨年は子育て中の巣箱にヘビが近づいたからでしょうか、巣立ち間近の雛9羽を残したまま
 
親が巣を放棄してしまいました。
 
今年はうまく全員が巣立ってくれることを願っているところです。
 
私の勘では巣立ちは今週末か来週初めぐらいと睨んでいます。果たして。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年6月13日 (火)

探鳥日和「オオタカ、サシバ、ホオジロ、セッカ、サンコウチョウ、尾無しスズメ、弾丸ムク」

 
上空をオオタカが悠然と飛んでいました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
足に何かぶら下げていますね。 もしかしてツチノコ? 
 
だったら大変ですが、多分アオダイショウでしょうね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
獲物が気になるのか、しきりに足元に目をやっていました。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはサシバでしょうか? あっという間に飛び去ってしまいました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
このシルエットはサシバですね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
面白いことに、この子は足を出したまま飛んでいました。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
電線にホオジロが止まっています。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
「一筆啓上仕り候」 または 「札幌ラーメン味噌ラーメン」
 
あはは、私にはそうは聞こえませんが、なんとも楽しい聞きなしです。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
セッカです。
 
飛びながら鳴いているその声はよく聞きますが、とにかく小さい鳥なのでなかなか姿までは確認
 
できません。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
このクリンとした青い目、サンコウチョウですね。でも尾羽が短い! 
 
「月日星、ホイホイホイ」 口笛のような軽やかな鳴き声も聞こえていましたが、この子はメス?
 
いずれにせよ、初めてのかそけき出会いでした。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
うちの近所には尾羽のないスズメもいることですから、尾羽が短いオスのサンコウチョウも
 
いるかも。
 
鳥の尾羽は外敵に襲われるとすぐに抜けるという話も聞いたことがありますし。
 
ということは、この子の尾羽をとったのはうちのピッピかも。無事でよかった。
 
この子はお尻が丸くてとっても可愛らしく見えるんですよ。今度じっくり狙ってみようかな?
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
弾丸ムク!
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚はタイサンボクの花です。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年6月 7日 (水)

けふいちにち食べるものある、てふてふ 「アサギマダラ、カラスアゲハ、ルリタテハ、アオスジアゲハ、森の団扇おじさん?」

 
今回は自由律俳句の種田山頭火の句をタイトルに使わせてもらいました。
 
この句では食べるものがあるのは山頭火自身だと思いますが、今の季節は蝶々たちにとっても
 
食べ物が豊富な時期ですね。
 
 
まず最初は、はるばる台湾あたりから渡り鳥のように海を渡ってやってくるアサギマダラです。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
カントウタンポポに吸蜜に来ていました。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
この薄水色の部分が名前の由来にもなっている浅葱色ですね。優雅な名前を持った蝶だと思います。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
アザミの花に来ているこちらはカラスアゲハですね。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもこの子の翅には艶かしい色気を感じてしまいます。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
距離を詰める前に飛び去ってしまったのがちと残念でした。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
日当たりのいい石の上で休んでいるのはルリタテハ。太陽の光が大好きな蝶々です。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
タブノキの葉っぱにいるこの幼虫はなんだかわかりますか?
 
これはアオスジアゲハの幼虫なんです。実物は今回私も初めて見ました。
 
離れた目のようにも見える眼状紋がこの子の特徴ですね。目が離れた芸能人といえば、私の世代は
 
研ナオコを思い出しますが(失礼!)、ちょっとそんなイメージもあるような、ないような・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
親はこちらの美人さんになります。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、ではこちらは?
 
これは森の団扇おじさんです! 森に行くと必ずいます。でも今はやりのUMA(未確認生物)では
 
ありません。
 
以前にも載せたことがありますが、これは空中でホバリングしているホソヒラタアブを下から撮った
 
ものでした。私が勝手に森の団扇おじさんと呼んで、こっそり愛でているハナアブです。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの花、1枚目はスイカズラです。青空に向かってファンファーレを吹き鳴らしているよう!?
 
スイカズラは吸い葛と書くように、この花びらの根元をくわえて吸うとほんのり甘いのでこの名前が
 
ありますね。
 
一方、スイフヨウという花がありますが、こちらは酔芙蓉と書きます。白く咲いた花が1日でピンクを経て
 
紅色に色を変えていくことから、その様を酔っ払いに見立てたようです。
 
どちらも時間経過とともに色を変える花で名前も似ていますが、その由来には大きな違いがあるようです。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
2枚目の花はコボウズオトギリソウです。今うちの庭で咲いています。
 
たくさんの長い雄しべがよく目立ちますが、雌しべだって3本もあったりします。賑やかな花だと思います。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年6月 1日 (木)

探鳥日和「カルガモ母さん子育て中」

 
朝の散歩道で、子育て中のカルガモ母さんに出会いました。
 
このとき連れていた子供の数は6羽。普通はもう少し数が多いように思いますので、もうすでに
 
何羽かカラスの餌食になっていたかもしれません。
 
でもこれも自然の摂理、ということなんでしょうね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
カルガモの子供をじっくり見てみたのは今回が初めてですが、なんとも可愛い顔をしていますね。
 
目を横切るはっきりとした過眼線が印象的です。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
後ろの3羽が悪戯っぽい目でこちらを見つめてきます。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
体の黄色い斑点は木漏れ日模様、自然の迷彩服になっているようです。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
2回目に出会ったときには雛は4羽になっていました。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
「子供たち、ちゃんとお母さんについてくるんですよ!」 「は〜い!」
 
Img_06
 
 
 
 
でもこの親子を見かけたのは、これが最後でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
比較のために、数年前に札幌で撮ったオシドリの子供も再掲してみましょう。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
カルガモとはまた違った可愛らしさがありますね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
オシドリの子供にここまで近づけるのが札幌のすごいところだと思います。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらはマガモの子供。
 
同じカモでも種類によって少しずつ子供の特徴に違いがありますね。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚はハコネウツギです。
 
白く咲いて紅く染まる、そんな特徴がありますね。スイカズラの仲間でそうです。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2017年5月 | トップページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ