« 探鳥日和「ウグイスの巣立ち若、カイツブリの賑わい、メジロの巣材集め」 | トップページ | 探鳥日和「カイツブリのバトル」 »

2017年7月20日 (木)

探鳥日和「尾無しスズメの正体」

 
1か月余り前のブログでサンコウチョウとのつながりで尾無しスズメのことをちょこっと載せましたが、
 
今回はその尾無しスズメのオナッシーに注目して追いかけてみました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
このオナッシー、後ろから見るとやっぱり不思議な姿をしています。尾羽がないだけで随分印象って
 
変わるものなんですね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
それでも面構えは精悍そのもののようで、元気いっぱい、生活に何の支障もなさそうです。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
餌台の下にこぼれたヒマワリのタネをついばんでいたり・・・
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
駐車場まで飛んだ餌を追いかけてみたり、食欲も旺盛のようです。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
仲間と声を合わせて、屋根の上で合唱していることもありました。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
今現在、この辺りでスズメたちの一番の天敵といえばまず間違いなくうちのピッピですから、
 
きっとこの子はピッピに襲われたけれど、からくも逃げおおせたということなのかもしれません。
 
それとも仲間内のいさかいで尾羽をなくしてしまったとか? 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
ある時は、こんな風に羽根を飛び出させていたこともありましたので、仲間内のいさかいというのも
 
あながち皆無ではないのかもしれません。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
よくこの餌台に餌を食べにやってくるオナッシーでしたが・・・
 
ある日、その意外な正体が判明しました。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
なんと、ヒナ鳥たちのお母さんだったのです!
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒナ鳥に口移しで餌を与えています。まさに愛情あふれる母親の姿そのものですね。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
あっ、でも餌を落とした!
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
「あ〜ん、餌ちょうだ〜い!」
 
「今あげたでしょ!」
 
「わ〜ん、口に入らなかったよ〜!」
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
「しょうがない子だね〜、今度はちゃんと食べるんだよ」
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
「落とさないように今度は口の奥の方に入れてあげるからね」
 
Img_15
 
 
 
 
この子たちのためにもオナッシーが元気でいてくれて良かったと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚、今日の花はヒナキキョウソウです。
 
6月の初め頃、野原の草むらにひっそりと咲いていました。
 
5枚花弁の花はかわいらしいものが多い気がしますが、この花にもそんな可憐さがあるように思います。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 探鳥日和「ウグイスの巣立ち若、カイツブリの賑わい、メジロの巣材集め」 | トップページ | 探鳥日和「カイツブリのバトル」 »

コメント

オナシーはママだったんですね。
シッポがなくても飛ぶのに支障がないようで良かったです。
そんな障害なんでもないわと元気にしている姿に見せられますね。

先日チビくクロがスズメを捕まえてお土産に持ってきました。
キャーキャーですよ。何度も殺生をするなと言い聞かせましたが、
さぁーと外に行ってしまいましたよ。

 
catさなえさんへ
 
私もちょっとびっくりしましたが、オナッシーは子育て中のお母さん

でしたね。

最初に見たときはうまく生きていけるのか心配しましたが、そんな

心配は必要ありませんでしたね。それどころか立派にお母さんを

していました。

ネコがスズメやネズミを捕まえてくるのは本能のなせる技ですから、

いくらチビクロに言い聞かせても無駄だと思います。

さなえさんがキャーキャー言うことで喜んでもらえた思って、また

自慢げに持ってくるかもしれませんよ。
 

オナッシーが「元気に子育て中」というところまで追跡されてすごい!
微笑ましい場面展開は素敵なドラマを見ているようでした。(^^)v
一見弱そうなオナッシーがお母さんになって逞しく生きていてくれて
良かったです(^^♪

先日、庭に巣立ち前の子スズメが落ちていました。お向かいさんの屋根
のあたりに巣があり、そこから落ちたのかもしれません。
子スズメは片目がつぶれていて、弱っていました。ミルワームを何匹か
与えました(頭を取って><)が、程なく死んでしまいました。シッポがまだ短かったです。
他の兄弟たちにいじめれていたのかも?自然は厳しいですね゚゚(´O`)°゚

うちの猫たちも最近は外にいることが多いので、殺生もしている
ことだろうと思うと心苦しいです・・・

ヒナキキョウソウはとっても可愛くてきれいですねheart04
ニワゼキショウと似ていますね。ヒナキキョウソウを見ても
ニワゼキショウだと思って見ていた気がします。
また一つ新しい名前を教えていただけてよかった~♪♪♪

 
catひめねずみさんへ
 
オナッシーが元気に子育てをしているということまでわかってこの記事も

ハッピーエンドになることができました。自然界で生きている生物はみんな

たくましいですね。

特にスズメは人間に寄り添って生きている特殊な鳥ですから、傷ついたヒナが

落ちていたりという場面に出くわすことは、ままありますよね。生き物たちはみな、

自然界への捧げ物というか還元というか、他の生き物に食べられること等を

見越して子供を生みますから、それをきちんと受け入れることも必要な事

なのかもしれませんね。

ネコたちもそういう自然のサイクルに貢献していると思えば、少しは気持ちも

晴れるのではないでしょうか? 生まれたスズメのすべてが生き残ってしまったら、

きっと人類は米作りを諦めなければならなくなってしまいますよね。

ヒナキキョウソウはすっきりとしたデザインで、清楚な感じがしますね。

どこかの学校の校章にもこんなデザインがありそうな気がしてしまいました。

写真ではきちんとした大きさはわかりづらいですが、この花はニワゼキショウ

よりも3〜4倍も大きな花ですから、実物を見れば間違わないと思います。

大丈夫です。
 

オナッシーをこんなに追いかけてもらってうれしいな♪
小雀に絵を与える場面なんか本当に良く捉えていますね~!!
びっくりです。
最近は我が家の外猫ちゃんもアゲハを咥えて持ってきたのでびっくり。。
生きて傷はなかったようで放してあげました。
猫ちゃんには「有り難う」と一応お礼を言いましたけどʅ(‾◡◝)ʃ

でも昨日は翅がボロボロになった蝶が庭に転がっていました。
これから羽化する蝉は、毎日1匹は転がっている状態。。
良く捕まえるよね~~。。。

 
catmoonさんへ
 
moonさんにも喜んでもらえて私も嬉しいです。

庭の撮影しやすい場所に餌台を置いていますので、子スズメに餌を

与える瞬間は簡単に撮ることができるんですよ。

moonさんの外ネコはアゲハを捕まえてくるんですね。さすがは蝶々

好きのmoonさんの外ネコですね。ありがとうというmoonさんに優しい

愛情が伺えて素敵な話だと思いました。

セミも採るんだ! 面白いネコですね。

ネコは近眼だと言いますが動体視力は抜群なようで、動くものを素早く

捕まえますね。たいしたものだと思います。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 探鳥日和「ウグイスの巣立ち若、カイツブリの賑わい、メジロの巣材集め」 | トップページ | 探鳥日和「カイツブリのバトル」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ