« 探鳥日和「尾無しスズメの正体」 | トップページ | 柔らかい光の中で「ミンミンゼミ、ヒグラシ、ハグロトンボ、ヒラタアブ、ジャコウアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン」 »

2017年8月 6日 (日)

探鳥日和「カイツブリのバトル」

 
またしてもカイツブリのお話です。
 
まずは扉の絵として、萌え出づる若葉のフィルター越しのカイツブリからスタートです。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
とある日、2羽のカイツブリが争っている場面に遭遇しました。
 
最初は、例えばこんな感じから始まったのかも・・・
 
「や〜い、おまえのかあさん、で〜べ〜そ〜!」
 
  (おっと、鳥におへそはなかったか。 でも私が子供の頃はよくこう言い合って喧嘩したものでした)
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
「なんだとぉー、このヤロー!」
 
「おっ、やるか!」
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな言い争いから(?)、激しい戦いの火蓋が切って落とされました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
どちらも1歩も譲りません。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
声は聞こえませんでしたが、何か叫んでいるようにも見えます。 それとも必死の口呼吸?
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
片方が手刀を振りかざしながら飛び上がって・・・・
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
相手を水の中へと沈めます。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
水に潜るのは得意な鳥ですが、こんなに激しい戦いを水面や水中でもやっているのですから
 
相当息も切れると思うのですが、どちらも引く気配がありません。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
激しく水しぶきが上がり、その水音だけが湖面に響き渡ります。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
いつ果てるとも分からない戦いでしたが・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて一方が、流石にこれはかなわないという感じで逃げ出し、もう一方はその後を執拗に追いかけます。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらく追いかけた後、勝ちを納得したカイツブリが追うのをやめて、やっと決着がついたようです。
 
今の時期はメスが1回目の子育てを終えた頃ですから、これはオス同士のメスを巡る戦いだったのかも
 
しれません。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
これはまた別の日ですが、用心深いカイツブリが何を間違ったのか、こちらに向かって水面走りを
 
始めたところを捉えることができました。こんな光景は初めて見てちょっとビックリ!
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらは、親の庇護を離れて独り立ちしたばかりのカイツブリの若です。
 
すぐそばをコシアキトンボが飛んで、なんとものどかな風景でした。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のおまけの花はスイレン2花です。
 
猛暑をものともせず、涼やかに咲いていました。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 探鳥日和「尾無しスズメの正体」 | トップページ | 柔らかい光の中で「ミンミンゼミ、ヒグラシ、ハグロトンボ、ヒラタアブ、ジャコウアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン」 »

コメント

若葉のフィルターの扉絵がおしゃれですね(^^♪

いつもは可愛らしくキョトンとしている印象のカイツブリも
時には激しい戦いを繰り広げたりするんですねぇヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ
ハハハ、きっかけが面白い(*^m^)

手刀を振り上げたり、相手を水中に沈めてしまったり、凄まじいですね><
追いかけっこも水面に立体の足跡ができちゃうほどに必死なんですね。
ほんとに凄い戦いでしたね!

カイツブリ君の水面走りは綺麗ですね~~
蜻蛉たちと若カイツブリの写真も素敵です♪♪

白の睡蓮、ピンクの睡蓮、生き生きと笑っている感じが
本当に涼やかで素敵ですねo(*^▽^*)o♪


カイツブリの戦いは手に汗握る実況放送でした(*^_^*)
水面を駈ける2羽の絵は2枚とも素晴らしいですね~~!
特に2枚目が好きです。

長閑なコシアキトンボと子カイツブリのショット、癒やされます♪

美しいスイレンの花で今夜はいい眠りに着けそう(*´ェ`*)

 
catひめねずみさんへ
 
若葉のフィルターはだいたいイメージ通りに撮れたんですが、それでも

もうちょっとふんわりした感じが出せればよかったと思います。

ほんと、いつもは平和に暮らしているように見えるカイツブリですが、

時にはこんな激しい戦いをすることもあるんですね。驚きです。

ハハハ、きっかけは完全に私の脚色ですが・・・

絵にならないので省きましたが、この激しい戦いは水の中でも繰り

広げられていました。よく息が続くものだと感心しながら見ていました。

カイツブリの水面走りは何回見ても微笑ましくなります。

トンボとカイツブリのまったり感がなんとも面白いですね。

花を撮るのが苦手なものでこんな写真しか撮れませんが、スイレンに

助けられて撮れている部分が多いように思います。お褒めいただき

ありがとうございます。
 

 
catmoonさんへ
 
実況放送と言っていただき嬉しく思います。

カイツブリの水面走りに出会うといつも嬉しくなります。愛嬌があって

微笑ましい感じがしますよね。2枚目は負けたほうが必死で逃げて

いる感が強いですね。その分面白く感じますよね。

もちろん偶然撮れた画像ですが、コシアキトンボと子カイツブリの

ツーショットにはまったりとした空気が感じられますね。面白い

写真が撮れた思います。

いつも遅くまでお仕事、お疲れ様でした。私が撮ったスイレンが

moonさんの安眠のお役に立ったとすれば幸いです。
 

カイツブリはいつもヒョウヒョウと泳いでいる感じですが、こんな一面もあるんですね。

ほんと実況中継みたいで楽しく拝見いたしました。

鳥の習性を知りえる写真に拍手です。

 
catさなえさんへ
 
ねー、こんな一面もあるんですね。ちょっと驚きですね。

さなえさんにも実況中継のように感じていただけましたか。加えて写真に

拍手までいただきまして、ありがとうございます。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 探鳥日和「尾無しスズメの正体」 | トップページ | 柔らかい光の中で「ミンミンゼミ、ヒグラシ、ハグロトンボ、ヒラタアブ、ジャコウアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ