« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の4件の記事

2018年1月27日 (土)

探鳥日和「庭のバードフィーダーにやってきたメジロ」

 
庭に設置したバードフィーダーのミカンを食べにやってきたメジロです。人間が食べるにはちょっと
 
というミカンを置いてみましたが、メジロは喜んで食べてくれました。なんともありがたいことです。
 
で、どうですか、この毛並み、その美しさには見惚れてしまいます。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
自慢の長い舌、これがミカンを上手に食べるための秘密兵器になっているようです。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
防寒対策も完璧! 暖かそうな羽毛です。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ミカンにくちばしを突っ込んでは・・・
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
たっぷりとつまんで・・・
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
「このミカン、うまいよ〜♪」
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
「うふ、満足満足!」
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
毎日ペアでやってきます。おそらく夫婦なんでしょうね。
 
片方が食べている間、その相方は近くの枝に止まって順番を待っています。その行儀の良さがなんとも健気です。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
ミカンをくわえて・・・
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
「ぱくっ!」
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
「順番順番!」
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
ミカンの一粒を器用に舌で刺して・・・
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
口の中へと送り込みます。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
このペアは2羽とも頭から背中にかけてのウグイス色が濃くて喉の黄色も色鮮やかです。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
まんまるふっくら、鶯餅みたいで美味しそう!
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
 「♪長兵衛 忠兵衛 長忠兵衛〜」
 
うちの庭ではこんな可愛らしい鳴き声がよく聞こえてきます。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月20日 (土)

探鳥日和「海のハンター ミサゴ、走るイソヒヨドリ、面妖なオオバン、ヒドリガモの口論」

 
前回掲載したカワセミを撮影している時、大きなタカが近づいてきました。ミサゴです!
 
しかも大きな魚を携えています。今しがた海で捕らえてきたばかりの獲物のようです。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
鳥の中でも特に目がいいタカですから、ずいぶん遠くから私のことを見ていたことと思います。
 
私に興味を持ったのかどうかは定かではありませんが、低空飛行で私の方に近づいていました。
 
そしてじっと私の方を見ています。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて私を無害と思ったのか無能と見破ったのか、自分の棲む森を目指して飛び始めたようです。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱりかっこいい!
 
それにしてもデカイ! 真上に来た時はファインダーに収まりきれませんでした。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
次に登場するのはイソヒヨドリのシックな美人さんです。色あざやかなオスとは一線を画するこの上品さが
 
この子の身上ですね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
アメリカには道路を猛スピードで走り回るロードランナーという鳥がいて漫画にもなったりしていますが、
 
走ることにかけてはこ子のだって負けてはいません。
 
位置について! よーい!
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
どーん! ・・・と地面を蹴って走り出しました。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ♪走る〜走る〜俺た〜ち〜・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
 ♪流れる汗も〜そのままに〜
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
爆風スランプの「Runner」を歌いながら(?)、快調に走り続けていました。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
閑話休題、こちらはなんとも面妖な鳥オオバンです。
 
額まである真っ白いくちばし、真っ赤な目、真っ黒な体・・・
 
あんた、いったい何者? 出会うたびにいつもそう思ってしまいます。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな額まで伸びたくちばしに、進化する上でどんなメリットがあったんでしょう? 謎です。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
足の水掻きだって尋常ではありません。
 
普通の水鳥は足指の間をつなぐように水掻きがありますが、こやつの場合は長い足指ごとに葉っぱのような
 
ものが水掻きとして付いています。でもこんなものではあまり速く泳げないように思うのですが・・・
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
急いで泳ぐときにはこんな風に体を目一杯前に倒して必死で泳いでいました。
 
が、やっぱり普通のカモのように速くは泳げていないようです。
 
果たしてこの足のメリットは? カモよりは陸上をスタスタ歩けるのかも、という気はしますが・・・
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はヒドリガモです。
 
私が子供の頃「ひょっこりひょうたん島」という人形劇があって毎日楽しみに見ていましたが、その歌詞の出だしが
 
 ♪波をジャブジャブジャブジャブかきわけて〜
 
この子を見ていたら、そんな歌を思い出してしまいました。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、こちらでは何やら口論(?)が始まったようです。
 
1羽のオスに向かって2羽のオスが翼でバツ印を作って、盛んに文句を言っているように見えます。
 
何をしているんでしょう? よくわかりませんでしたが、 やっぱりケンカかな?
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
挨拶は時の氏神という言葉がありますが、カモの世界にも仲裁をする御仁はきちんといるようです。
 
「まぁまぁ、おたいらにおたいらに!」
 
おかげで、よくカイツブリがするような激しい喧嘩にならずにおさまったようです。
 
Img_17
 
 
 
 
めでたしめでたし!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月13日 (土)

探鳥日和「沙漠のカワセミ」

 
この冬はカワセミの活動が活発なようです。
 
まずは紅も鮮やかな女の子。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
冬らしく着膨れたような”ふくらカワセミ”。こんな姿も可愛らしいですね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
さっそく小魚ゲット! 着膨れてはいても動きは敏捷です。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
あらよ!
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
ひょい! 見事着木(!?)
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
このあとも何度も水に飛び込んでは魚を捕まえます。おかげで喉の白い毛並みはすっかり濡れてしまい・・・
 
ひとしきり毛づくろいをした後、上流へと飛び去って行きました。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらは男の子。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
身構えて・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
離陸!
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
その影はカモメみたいに見えてかっこいい!
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
羽ばたいて・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
羽ばたいて・・・
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
再び着地。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
ランドセルを背負って野球帽をかぶったわんぱく小学生? 仮装大賞ならば合格間違いなし、ですね。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
収まるとまた元の”ふくらカワセミ”。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
このあと何度も水に飛び込みますが獲物はゲットできず。くちばしだけがむなしく濡れています。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
また飛んで・・・
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
飛んで・・・
 
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
飛んで・・・
 
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
今度も飛び込むかと期待しましたが水には飛び込まず対岸へと移動。
 
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
今日はダメだなーという顔(?)をしたあと、この子も上流へと帰って行きました。
 
Img_21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月 4日 (木)

探鳥日和 「<新春三鷹> チョウゲンボウ、ノスリ、ハヤブサ」

 
東京には東京駅と高尾駅を結んでいる中央線というのがあって、途中に三鷹(みたか)という駅があります。
 
その駅のホームで若い女性が電車を待っていました。やがて電車が入ってくるとともに一陣の風が吹いて
 
その女性のスカートがめくれ上がってしまいました。
 
その瞬間ホームのアナウンスが 「みたかー、みたかー」
 
 
 
 
今年最初のテーマは三鷹(みたか)ではなくて、縁起良く三鷹(さんたか)です。
 
 
まずはチョウゲンボウから。
 
ネズミを狙っているのでしょうか? 冬枯れの田んぼを見下ろす電線に止まっている姿をよく見かけます。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
チョウゲンボウはタカの中では小さいほうですが、それでも翼を広げるとなかなか迫力がありますね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
つぶらな瞳が可愛らしいタカだと思います。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
比較的人懐こいタカですね。飛びながら私の方を見つめてくれました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
電柱に止まってさらにガン見!
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
飛び立つ時は尾羽を目一杯広げて風をつかみます。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
私を意識してか、こちらに向かって飛んできました。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
上空を通過して・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
旋回しながらもまだこちらを見ていました。この子に気に入られたかな?
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはまた別の個体。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ幼鳥でしょうか? どこかあどけなさが残っているようです。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三鷹の2番目はノスリです。
 
高い木の上で威風堂々! 大きなタカです。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
私に気づいたようで、この子も飛びました。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
さすがに翼がでかい!
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
翼の形もきれい!
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
より高い木のてっぺんに移動して・・・
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
高みの見物を決め込んでしまったようです。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はハヤブサです。
 
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
私と目が合った瞬間、日向に回り込む暇もないうちに・・・
 
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
この子にも飛ばれちゃいました。
 
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
タカの飛翔はとにかくかっこいいですね。
 
Img_21
 
 
 
 
 
 
 
 
昔のホンダの翼のマークのようです。このマークをつけたバイクに憧れたものでした。
 
Img_22
 
 
 
 
 
 
今年も良い年でありますように!
 
みなさん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ