« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の5件の記事

2018年5月31日 (木)

北海道庁と北大植物園の山野草

 
北海道庁と北大植物園は札幌中心部で隣同士の場所にありますので、ちょっと覗いてみました。
 
まずは北海道庁の池です。
 
今はまだ咲いていませんがたくさんのスイレンが水面を覆う、雰囲気のある池です。
 
池の向こう岸で真っ赤に咲き誇っているツツジが印象的でした。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
池の岸辺でひときわ艶やかに咲いていたのがこのズミです。別名コリンゴとかヒメカイドウとも
 
いうそうです。
 
札幌では庭木としての人気が高いようで、多くの家の庭に植わっているのを見かけました。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
ものすごくたくさんの白い花をつけて咲き誇っていましたが、あえて清楚な感じになるように
 
撮ってみました。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
札幌を代表する花ライラックです。
 
毎年この季節には大通公園でライラック祭りが開かれますが、今年も随分盛況のようでした。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
総成りの豪華な咲き方をするのがこの花の特徴だと思います。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは札幌の街路樹として市内いたるところで見られるナナカマドの花です。秋になるとたくさんの
 
赤い実をつける木だけあって、このように花の咲き方も豪華な感じがします。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみにこちらが秋のナナカマドです。
 
たくさんの赤い実はレンジャク類に人気がありますし、この見事な紅葉も一見の価値があると思います。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
一方ここからは北大植物園の山野草です。
 
この時はちょうどクマガイソウが咲いていました。
 
熊が居そうなところに咲いているからこの名前がついた、わけではなく、ご存知のようにこの花は
 
熊谷直実の母衣に見立てて命名されたものですね。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
日本を代表するランの一種です。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはチョウセンキバナアツモリソウだそうです。
 
上のクマガイソウに対比するアツモリソウとはちょっと違い、環境省の絶滅危惧種に指定されていて
 
日本では秋田県男鹿半島にのみ自生する超貴重な花だとか。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
北欧あたりの童話に出てくる小人のようなメルヘンチックな感じの花ですね。
 
#11
Img_11_2
 
 
 
 
 
 
 
 
エンコウソウ、私は初めて見る花でした。
 
でもキンポウゲ科の花だということだけはすぐにわかりますね。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
小さな花ですが、キリッと存在感のある花でした。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
前回野幌原始林で見つけたこの植物2種の写真を載せました。ハート型の葉っぱはマイヅルソウと
 
名前を載せましたが、もう一つの輪になった葉っぱの連なる方は名前がわからなかったので、その時は
 
触れませんでした。今回名前がわかりましたので改めて両方を載せてみました。
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
まずはマイヅルソウ、今回は花を確認することができました。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
ユリ科の花で、スズランにも近い種類の花のようです。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
もう一方の輪になった葉っぱの方はクルマバソウということがわかりました。
 
この葉の形を牛車の車輪に見立てた命名だそうです。なるほど!
 
この植物を見たときにはわかりませんでしたが全草にクマリンという芳香成分を含むそうです。
 
匂いを嗅いでみればよかったなー。
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
こちらはユキザサだそうです。これも初見の花です。 
 
前掲のマイヅルソウの仲間だとか。確かに似たような感じの花ですね。
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はおなじみのマムシグサです。
 
北海道のマムシグサは外房のものと違って仏炎包が小ぶりです。寒さが影響しているのでしょうか?
 
#19
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年5月25日 (金)

札幌探鳥日和「アカゲラ、センダイムシクイ、オオルリ、マガモ、カラス、スズメ」

 
今まさに気候は「リラ冷えの街」の札幌ですが、そんな街の中でも普通に出会うことができるのが
 
このアカゲラです。
 
この時はエルムの巨木に飛んできて、うろの中を覗き込んでいました。
 
「なんか獲物はいないかなー?」
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
うろの中にお目当てのものはいなかったようで、その横に回り込んで木の皮をつついていました。
 
虫を見つけたのかもしれません。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
別のアカゲラが木の上で「ケッケッケッケッ」と警戒音。
 
「ごめんごめん!」と私。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ここでもしきりに餌を探しているようでした。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはセンダイムシクイです。
 
スズメよりも小さな夏鳥で、芽吹いたばかりの落葉広葉樹の森で出会いました。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
特徴的な鳴き方をしますので、姿は見えなくてもいることはすぐにわかります。
 
代表的な聞きなしとしては「焼酎一杯グィー」というのが有名ですが、「爺や爺や起きい」というものも
 
あったりして愉快な鳥です。
 
さらには「鶴千代ぎみー」という聞きなしもあって、歌舞伎「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の
 
鶴千代君の連想からこの名前がついたとも言われています。
 
余談になりますが、この伊達騒動は山本周五郎が従来の歌舞伎なんかとは違った独自の解釈で
 
「樅ノ木は残った」という小説にしました。この小説の展開が非常にスリリングだったので
 
興味深く読んだことを今でもよく覚えています。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
さて写真に戻って、この子をじっと見ているとわずかに腰をかがめました。
 
「飛ぶぞ!」
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
「飛んだ!」
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはオオルリです。
 
でもご覧の通り下から構図でしかも見事な逆光! 上面の光沢のある瑠璃色が全く出ていません。
 
初めて撮った鳥なのに残念でした。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
しかもこの子、ウグイス、コマドリと並んで日本の三鳴鳥と呼ばれていますが、その美声すらも
 
聞かせてくれませんでした。重ね重ね残念な出会いでした。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはマガモ、たいていのマガモは春になるとシベリアへと帰っていきますが、中には横着な
 
個体もいて、北海道あたりにとどまって子育てを始める連中もいたりします。
 
この子もそんなうちの1羽なんでしょう、陽気に「ガーガー」鳴いていました。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
セリの葉の中を泳ぐ姿を真上から撮ってみました。背中のデザインもなかなかシック。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
なんども載せてしまう札幌のカラスですが、こやつにはちょっとばかり侮れない魅力があったりします。
 
今日も今日とて、西洋グルミの殻をくわえてプラタナスの枝に止まりました。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
と、次の瞬間枝に止まったまま逆さまになってぶら下がってしまいました。
 
ずいぶん前にも一度このブログに載せたことがありますが、これ、遊び心豊かなカラスが遊んでいる
 
ところなんですね。
 
しばらくこんな風に逆さまに止まりながらクルミの殻をくちばしで転がしていました。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらく逆さまにぶら下がっていましたが、突然枝を掴んでいた足を離しました。
 
一瞬「おっ」と思いましたが、ま、鳥ですからね。そのまま何事もなく地面に舞い降りました。
 
足を離した瞬間、目の瞬膜を閉じているところまで写ってしまったのが愉快です。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
札幌ではスズメも人間を恐れず愛嬌たっぷりで可愛いかったりします。
 
この子は私のカメラが珍しいのか、近寄ってきてじっと見つめていました。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらの子は落ちていた花びらを口いっぱいにくわえながら私を見つめていました。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はこやつ!
 
ホルスタイン牛?
 
Img_18
 
 
お後がよろしいようで。。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年5月19日 (土)

円山原始林のエゾリスとエゾシマリス

 
円山(まるやま)原始林の入り口付近を歩いている時、目の前にエゾリスが現れました。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
耳にはまだ毛がふさふさ生えていて、ついこの間まで雪深い冬だったことがうかがわれます。
 
ぱっちり開いた大きなお目々が印象的です。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
と思ったら、まばたきした瞬間が撮れちゃいました。どこか眠たそうにも見えますね。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
巧みに私を避けながら餌探しをしていました。
 
ふさふさの立派な尻尾がよく目立ちます。樹上生活者のエゾリスにとってはこの尻尾が木の上で
 
バランスをとるのに重要な役目を果たしているようです。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
結局このお下げ髪の女の子(?)には脱兎のごとく逃げられてしまいました(リスですが・・・)。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらはエゾシマリスです。
 
背中の可愛らしい縞模様が名前の由来になっていますが、意外とこの縞模様が木漏れ日の森の中では
 
保護色になっているようです。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
エゾリスに比べるとはるかに小さなリスです。この小ささゆえに代謝が追いつかず冬になると
 
冬眠してしまいます。
 
手足の爪はきちんと発達していますね。でもネコと違って爪は引っ込まないようです。
 
ま、その必要もないのでしょうけど・・・
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
片手をちょこんと上げたポーズ、こんな仕草のひとつにもこの子の可愛らしさが見て取れますね。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
朽ちた木の上で今まさに餌を食べようとして口を開けるエゾシマリス。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
もぐもぐタイムスタート!
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは地面に降りて餌を探しているようです。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
律儀に両手で餌を食べるのがこの子たちの特徴の一つですね。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
エゾシマリスの典型的な姿がこちらではないでしょうか。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
よく見るとこの子は頬袋にたくさんの餌を詰め込んでいました。餌が少なくなる秋でもないのに何故?
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
この森には至る所にこんな看板が立てられています。
 
考えさせられる問題だと思います。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年5月13日 (日)

野幌原始林 春の山野草

 
またまた札幌にやってきました。
 
ということで大好きな野幌原始林を散策し、春の山野草に出会ってきました。
 
まず最初はこれ!
 
母校北大の校章オオバナノエンレイソウです。やっとこの花が咲いている時に来ることが
 
できました。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
とにかく清楚で上品な花だと思います。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
陰日向に咲く。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
3人で咲く。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてこれが北大の校章です。もう50年近く前に北大生協で買ったものです。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
エンレイソウにはいくつか種類がありますが、花弁を持たずこのように萼片だけのものを
 
狭義の意味でのエンレイソウと呼ぶこともあるようです。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
エンレイソウに寄り添うようにニリンソウが咲いていました。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
ニリンソウは大群落を形成して咲いていましたが、どの花もみんな優しく微笑んでいるような感じが
 
しました。なんかそんな穏やかな雰囲気を持った花ですよね。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは花弁がたくさん付いていますが、これもニリンソウなんでしょうね。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはエゾエンゴサク。
 
毒のあるムラサキケマンにも似ていますが、エゾエンゴサクはとっても風味が良くて美味しいそうです。
 
で、このエゾエンゴサクや前出のニリンソウとかカタクリ、フクジュソウなんかはスプリング・エフェメラルと
 
呼ばれています。春のはかない命というぐらいの意味ですが春の妖精と呼ばれることもあります。
 
この素敵な命名はこの植物たちの巧みな生き方からきているとも言えます。
 
スプリング・エフェメラル、興味のある方は調べてみてください。植物の巧みな生き方が見えてくると
 
思いますので。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒトリシズカも随所に群落を作って”みんなで”静かに咲いていました。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
先月かみさんと近所の里山を散策している時にマムシグサが咲いているところに行きあいましたが、
 
その時こんな会話をしました。
 
「マムシグサって毎年花は見るけど一番最初に出てくるところは見たことがないよね」
 
今回野幌原始林で見つけました!
 
やっぱりこんな風になっていましたね。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
やがてこのように、このマムシ模様の茎から葉っぱを伸ばしてくるんですね。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは春の森でよく見かけるフッキソウです。
 
ソウという名前は付いていますが、草ではなくて低木だそうです。
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
おなじみ春の山菜ふきのとうの最終到達形です。これが目的で地面から顔を出したんですものね。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
タンポポと同じキク科ですからよく似たタネをつけますね。しっかりとしたタネが確認できます。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
内地ではこの春はヒノキ花粉が驚異的に猛威を振るいましたが、北海道民が苦しめられるのがこれ、
 
シラカバの花粉です。これはその飛散元になるシラカバの雄花ですね。
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
これは多分マイヅルソウの若葉だと思います。特徴的なハート型の葉っぱで、春の森ではよく目に付きます。
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
これなんでしょう? 色といい形といい、どこか心惹かれるものがあったので撮ってみました。
 
どこか悪人顏にも見えて・・・ ダースベイダーのお仲間?
 
#19
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
これもなんだかわからずに撮ってしまいました。つぼみでしょうか? はたまた実?
 
実が成る季節ではないように思うのですが・・・
 
#20
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年5月 1日 (火)

里山の春爛漫「ジャコウアゲハ、モンキアゲハ、コジュケイ、コゲラ、ヘラ乗っ込み、タツナミソウ、ハンショウヅル」

 
春たけなわということで里山の春爛漫を拾ってみました。
 
 
まずはジャコウアゲハから。
 
ジャコウアゲハは春一番最初に登場するアゲハです。このオスには麝香の香りがあることからその名前が
 
ついたようです。
 
春型なのでちょっと小ぶりではありますが、ご覧のように姿かたちのいいアゲハですね。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャコウアゲハに限らずアゲハ蝶はみんなアザミの花が大好き。たくさん集まってきます。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャコウアゲハのオスの上面は非常にシンプルで地味ですが、独特の美しさも感じられます。
 
まさにブラックビューティ。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
一方ジャコウアゲハのメスは色っぽいですね。飛んでいてもすぐにわかります。
 
このアゲハには毒がありますから、目立って鳥たちに注意を与えることも大事なんでしょうね。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
マルバウツギの花もアゲハたちに人気があります。このジャコウアゲハもお気に入り。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
美味しそうに蜜を吸っていました。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
お次はモンキアゲハです。
 
1頭がアザミの花で吸蜜中。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
そこへ後ろからもう1頭が近づきます。
 
最初は吸蜜の順番待ちかな? と思いましたが、どうやら吸蜜中のメスにオスがデートを申し込みに
 
きたようです。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
前を飛ぶメスをオスが後ろから追いかけます。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
メスが気をひくように飛び回り・・・ それを追いかけるオス
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
大きなアゲハだけに飛んでいる姿にも迫力があります。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
春は鳥たちにとっても恋の季節、コジュケイもペアを組んでデートの真っ最中。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
コゲラは早くも子育てを始めたようです。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
ニホンカナヘビは春の陽を浴びて日光浴。目元涼やかで気持ちよさそうでした。
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
ミシシッピアカミミガメは水面に浮かんだ葉っぱをむしゃむしゃ食べていました。こんなものも食べるんですね。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
3月の終わりに80cmはあるかという巨大なコイが浅場に乗っ込んできて産卵しているのを見ましたが、
 
この4月の終わりにはヘラブナが乗っ込み産卵をしていました。
 
バシャバシャと水しぶきを上げて大騒ぎです。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
ところが、1匹のメスが(多分)水の中に生えたマルバヤナギの木の根元に体を突っ込んで出られなくなって
 
しまいました。でも産卵のためにオスも興奮状態にありますので、産卵を促すためにそのメスに体を摺り寄せて
 
同じようにハマってしまいました。しばらく見ていると下のオスはなんとか体を引き抜くことに成功しましたが
 
これだけ奥までハマってしまったメスは抜け出すことができなかったのではないでしょうか?
 
翌日、体の一部をイノシシかアライグマにかじられた状態で浮いているヘラブナがありました。
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に春の花2題。
 
毎年散歩道の同じ場所に咲くタツナミソウです。寄り添うようにカタバミも。
 
前日には真っ直ぐだった一番下の花が横を向いていました。夜中にそばをイノシシでも歩いたかな?
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはハンショウヅル。
 
野山を散策する人には知られた花のように思いますが、あまり一般的ではないかもしれません。
 
花の形は全然違うのにセンニンソウやテッセンの仲間だというのがちょっと驚きですが、タネを見ると
 
なるほどと納得させられます。そんな似たようなタネをつける植物群です。
 
#19
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ