« 最近の家の周りのネコ事情 | トップページ | 野幌原始林に暮らす野鳥たち「極上のキビタキ、ホオジロ、センダイムシクイ、ウグイス、モズ、ブト」 »

2018年7月12日 (木)

野幌原始林の山野草と虫たち

 
季節がだいぶ動きましたので、長引く蝦夷梅雨の晴れ間をぬって今の野幌原始林を散策してみました。
 
まずは今旬を迎えている味わい深い山野草からです。
 
マタタビ科のサルナシが可愛らしい花をつけていました。サルナシはエゾユズリハと同じように
 
赤い葉柄が特徴の植物です。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
花の真ん中の白い雌しべがちょっとトケイソウをイメージさせますかね。
 
ちなみにサルナシの実はコクワとも言いますね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと面白い花を見つけました。木の上の方まで白い花が咲いているように見えましたが
 
これはツルアジサイですね。他の木に絡みついて上の方まで登っていくたくましい植物です。
 
ガクアジサイ風の白くて大きな装飾花が目を引きました。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
以前にも載せたカラマツの青い松ぼっくりです。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
と思っていたら、赤い松ぼっくりも見つけました。こちらもその色と質感に独特の味わいを感じます。
 
青いのがだんだん赤くなるのでしょうか? それとも別の種類? よくわかりませんでした。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ハイイヌガヤの若い実です。ちょっとオリーブの実を連想したりして・・・
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
これはヤマブドウの新芽でしょうか?
 
まだ若い葉っぱは強力な紫外線を防ぐために、こんな風にアントシアニンを生成して赤くなる
 
という話を聞いたことがあります。アカメガシワやカナメモチなんかでも見られる現象ですね。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
本格的な春が始まったころ、原始林の中にたくさん林立していたオオハナウドがタネをつけ始めて
 
いました。こんな面白いタネができるんですね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
オオハナウドが終わったと思ったら今度はこのオオウバユリがたくさん目につくようになってきました。
 
最初はこんなひとつのつぼみのような形をしていますが、やがてこの上の膨らみがいくつにも成長
 
枝分かれしてそれぞれにユリの花を咲かせます。そして秋になると不思議な形の実をつける印象的な
 
植物です。興味のある方はググってみてください。面白いものが見られると思います。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
咲き始めたばかりのコウリンタンポポです。北海道では野原でよく見かける花です。
 
うちの庭でも雑草として咲いていますが、これは百年記念塔前の野原でたくさん咲いていました。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
草陰にひっそりと咲いているウメガサソウです。これはまだ花が開いていないつぼみの状態です。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
花が開き始めても望遠ズームしか持って行かなかった私に撮れるのはこの程度でした。
 
でも後でよく考えたら、スマホのマクロで撮ればよかったじゃないかと後悔しちゃいました。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
これはオニノヤガラというランの仲間です。
 
葉緑素を持たないため光合成ができず、菌類に頼って生きている菌従属栄養植物だそうです。
 
ネジバナもタネに胚乳を持たないため自力では発芽できず菌類に頼った生き方をしていますが、
 
それによく似た生き方をしている植物なんですね。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
さてここからは虫たちの登場です。
 
最初のこの子はエゾシロチョウです。モンシロチョウやスジグロシロチョウよりもちょっとだけ
 
大きな蝶々です。
 
日本では北海道だけに生息する蝶で、幼虫はリンゴやサクラなどバラ科の樹木に寄生する害虫として
 
嫌われているそうです。成虫はこんな清楚な姿をしているのに幼虫は・・・
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
翅の表を見ると、この個体はかなりの荒波をくぐり抜けて生きてきたのかもしれませんね。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
カラスシジミです。
 
梅雨時の今しか見られないシジミチョウだそうで、そういう意味ではこの子は植物ではありませんが
 
スプリング・エフェメラルといえるかもしれません。なかなかシックな感じの蝶々ですね。
 
で、よく見るとこの子もタテハチョウの仲間と同じように擬似4本足のようですね。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
キマダラセセリです。
 
こういう色の濃いセセリチョウを見つけると、何がどうということはないんですけど、ちょっと
 
嬉しくなっちゃいます。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
オオミズアオという蛾の死骸です(死骸ですみません)。
 
ものすごく綺麗な蛾なので、生きている姿で出会いたかったと思います。でもその美しさの片鱗は
 
わずかながらも残っているのではないでしょうか?
 
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
調べたところによるとこの子はセイヨウオオマルハナバチのようです。
 
飛んでいる姿を見たとき白いおしめをしているように見えてしまい、なんかとっても可愛らしい感じが
 
しましたので思わずパチリ!
 
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらもマルハナバチの仲間ですね。
 
じっとしたまま動かなかったので死んでいるのかと思い触ってみると、生きてはいましたが
 
だいぶ弱っていたようでした。
 
  ねがはくは 花のもとにて 春死なむ・・・  といった風情でしょうか?
 
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのオオスズメバチも何をしているのか、地面に降りたまま動かず沈思黙考中のようでした。
 
ただただ不気味な迫力を感じるヤツです。
 
Img_21
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はハンノアオカミキリです。
 
北方系のカミキリムシのようで、この綺麗な青色が遠くからも目にとまりましたので撮ってみました。
 
Img_22
 
 
 
 
 
 
今回も長くなってしまいました。
 
最後までおつきあいいただきましてありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 最近の家の周りのネコ事情 | トップページ | 野幌原始林に暮らす野鳥たち「極上のキビタキ、ホオジロ、センダイムシクイ、ウグイス、モズ、ブト」 »

コメント

まあ 珍し植物ばかりですね。
特にサルナシは素敵な花ですね。もちろん初見ですが、
実物も見てみたいですね。

青や赤のほつぽっくりもとても新鮮です。

オオウバユリやコウリンタンポポも初見です。
蝦夷地特有の植物なんでしょうが、こちらでは見ることも
叶わず素晴らしいですね。

 
catさなえさんへ
 
そうですね、確かにちょっと珍しい植物が多かったかもしれません。

サルナシはご覧のようにとっても可愛らしい花ですよね。1週間ぶりに

見に行ったらもう花が終わってコクワができていました。それだけ花期の

短い儚い花だったんですね。

松ぼっくりも新しいものは色も質感も綺麗ですよね。

オオウバユリは北方系の植物なのでちょっと珍しいかもしれません。

花数もものすごく多くて豪華な感じがしますし、実になった姿もユニークで

つい目を止めてしまう存在だと思います。

一方のコウリンタンポポは外来種なので日本中で見られるようですが

札幌のようにどこにでもあるという花でもなさそうですね。
 

サルナシの花は可愛らしいですね♪
ツルアジサイって初めて見ました。とても綺麗ですね(*^_^*)
アジサイと蔓が最初は結び付かなかったです。。。

カラマツの青い実、あんまり開いていないつるっとした感じの松ぼっくりが
とってもきれいで、何かの飾りに使いたいような風情ですね♪
オオハナウドは面白い種をつけるんですね。ふんわりと地面に落ちる???
コウリンタンポポも初めて見ましたよ。
ウメガサソウも可愛らしいお花ですね。望遠ズームでも十分可愛らしさが
伝わってきました(^^♪

カラスシジミやキマダラセセリもとっても可愛らしいですo(*^▽^*)o
オオミズアオはすごく大きくて、昔見たときはびっくりでした!
毛むくじゃらでムクムクしたマルハナバチの仲間はやっぱり可愛いですね。
カミキリムシは大好きです♡綺麗な色のカミキリですね!

原始林の中をぐるっと歩くだけでも様々な植物や昆虫に出会える
のでしょうね。
可愛らしい植物や虫たちを見せていただきとても楽しかったです(^^♪

 
catひめねずみさんへ
 
サルナシの花は私も初見でしたが、なんとも可愛らしい花ですよね。

ツルアジサイは不思議な花でした。上の方まで大きな装飾花が咲いていて、とても

見ごたえがありましたよ。

カラマツの松ぼっくりはクリスマスリースなんかに使うと絵になりそうですね。

ただ冬までもたないかもしれませんが・・・

ひめねずみさんが新婚旅行の時に初めて見たというオオハナウド、こんなタネが

できるんですね。

コウリンタンポポもウメガサソウも小さいながらも可愛い花を咲かせますね。

原始林にはカラスシジミやキマダラセセリをはじめとしたたくさんの蝶々が

飛び交っていました。今まさに蝶々の季節なんですね。

オオミズアオはご覧になったことがありましたか? ほんと、綺麗な蛾ですよね。

今度は生きた個体と対面したいものです。

カミキリムシの幼虫はよく木を枯らしたりして嫌われがちですが、成虫には独特の

艶めきがあって魅せられますよね。

若い頃かみさんと原始林を歩くと1日で20〜30kmぐらいはよく歩いたもの

でしたが、もう今は頑張って歩いてもせいぜいその半分ぐらいになってしまい

ました。やっぱり歳には勝てませんね。それがちょっと残念です。
 

しろねこ仙人さんのやさしい語り口に誘われ
楽しく最後まで拝見いたしました!
オオウバユリの種、ググっちゃいましたよ~!(笑)
確かに花とはまた違った風情で、二度楽しめるお花ですね!

引越ししたばかりの我が家は山が近いせいかアシナガバチが巣を作りに来るのに閉口しています。
近頃はアシナガバチとスズメバチのハイブリッドもいるらしいですね
蜂はくまさんのお友達のはずですが。。
やっぱり刺されたくないです~!

 
catくまたんへ
 
長~いブログを最後まで見ていただきありがとうございます。

オオウバユリは私の場合、最初に秋にこのタネの方と出会いましたので

こいつの正体はナンジャラホイと訝ったものでした。季節を経ると共に

謎が解けていくのは楽しい経験でした。

アシナガバチが庭に巣作りに来ますか? それは全くもって迷惑な話ですよね。

うちもそちらの家にはアシナガバチがよく巣を作りに来ますし、ここ札幌の家は

毎年スズメバチが垣根に巣を作りやがりますので、その度に業者に駆除を依頼

せねばならずえらい散財です。

え? アシナガバチとスズメバチのハイブリット? そんなのまでいるんですか?

それはアシナガよりも憎らしくてスズメバチよりも可愛らしかったりしますか?

何れにしても蜂に刺されるのはご勘弁! ですよね。
 

優しく機微に富んだ語り口もですが、撮影技術も素晴らしく、ほんわかと充足感に満たされました。
特に松ぼっくりの写真2枚が好きです♪

 
catmoonさんへ
 
いつもmoonさんには優しく褒めていただき嬉しく感じています。

最近はへなちょこ望遠ズーム一本やりでこんな写真しか撮れずに切歯扼腕状態

なのですが、それでも認めてくださる方がいることは大きな励みになります。

松ぼっくりの写真、ありがとうございます。質感がとっても綺麗で、撮った自分も

思わず心がほっこりしてしまいました。ひめねずみさんにもお褒め頂きましたが

moonさんにもここに注目頂いたことを素直に嬉しく思いました。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近の家の周りのネコ事情 | トップページ | 野幌原始林に暮らす野鳥たち「極上のキビタキ、ホオジロ、センダイムシクイ、ウグイス、モズ、ブト」 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ