« 北大植物園の生き物たち「コムクドリ、ヒワの仲間、キビタキ、謎の幼鳥?」 | トップページ | 野幌原始林の山野草と虫たち »

2018年7月 5日 (木)

最近の家の周りのネコ事情

 
梅雨前線が北海道の方まで北上し、そのため関東甲信地方では早くも6月中に梅雨明けしてしまうという
 
前代未聞の出来事が起こっていますが、この北上した梅雨前線の影響で梅雨がないはずの北海道は
 
いままさに蝦夷梅雨状態です。そんな雨の札幌に再び三たび来ているのですが、今回は久しぶりに
 
家の周りのネコ事情を載せてみようと思います。
 
 
まず最初はなんといってもこの子、うちではボスと呼んでいるオスネコです。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
うちのすぐご近所に、飼いネコはもとよりヨレヨレの野良ネコにまで深い愛情を注いで下さる
 
心優しい女性の方がいらっしゃって私も密かに尊敬している方なんですが、先日所用で1週間ほど
 
家の方に戻った時、彼女とお話しする機会がありました。
 
彼女によるとどうもこのネコはどこからか流れてきたネコのようで、かわいそうなので外で餌だけは
 
あげていたそうです。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
でもあまりにも他のネコに対する乱暴狼藉がひどくて、そのせいかどうか、近所のネコたちのうち
 
何匹かは姿を消してしまうということまで起きていたんです。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
そこで思い余った彼女がこのボスを保護施設に連れて行くことにしたそうです。
 
もちろんネコたちに対して深い愛情を注いでいる彼女のことですから、名ばかりの保護施設ではなく
 
ネコを可愛がってきちんと保護してくれる施設に連れて行ったことは想像に難くありません。
 
おかげでこの界隈のネコ社会に再び平和が訪れることとなりました。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
で、この界隈のネコ社会の平和を一手に守っているのがこのカンキチくんです。
 
さすがの彼もボスには全然歯が立たなくて悲鳴を上げて逃げ回っていましたが、今頃はまた
 
地域防衛隊の隊長に返り咲いたのではないでしょうか?
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
この子は体は大きいけどとても人懐こい子でよく触らせてくれるのですが、本当に触り心地の
 
良い毛並みをしているんです。 ね! そんな感じの毛並みが見て取れるでしょ!
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは先ほどの心優しい女性の飼いネコのウニちゃんです。
 
鼻のところに傷があるのはボスにやられたせいでしょうか? 以前は首を噛まれて腫れたことも
 
あったとか。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
でも私が見た限りではこのウニちゃん、ボスと2度にわたって睨み合いをしていましたが、
 
2回ともボスの方が根負けして逃げて行っていました。意外と強いぞウニちゃん、と思って
 
見ていました。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらも先ほどの女性が飼い始めた子ネコのツブちゃんです。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
でもこの子もボスに攻撃されたのでしょうか? いつの間にか行方不明になってしまったそうです。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ1歳になるかならないかという子ネコだったそうで、可愛らしい子だっただけに本当に残念です。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
この子はずいぶん人見知りだったので触らせてはくれませんでしたが、以前いたうちのくぅと
 
同じくロシアンブルーの血が入っているような感じがしますので、撫ぜると気持ちいいだろうなーと
 
思って見ていました。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はおなじみうちのピッピです。ネコのくせにネコ嫌いの深窓のご令嬢様です。
 
いつもこうして家の中から外を見張って、怪しいネコがやってこないか監視しています。
 
ま、カンキチくんやウニちゃんがうちの庭にやってきても小さな声で唸るだけで何もできないんですけどね。
 
ちなみにピッピが座っている台は秘密の花園のご主人が作って下さった台で(この方、なんでも作っちゃう
 
ものすごく器用な人なんです)、今では完璧にピッピのお気に入りになっている台なんです。
 
高さもちょうどいいでしょ!
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
外に向かっては何もできなくても、外を見張る目自体は真剣そのものです。
 
本人としてもこれが1日を通じての大仕事なんでしょうね、毎日真剣に眺めています。
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
元、ではありますがこれでもメスネコなので、ボスがピッピに発情して怪しげな声を出して歩き回って
 
いることもありました。ピッピもまんざらでもないようで彼の声に誘われて出て行くことも
 
ありましたが、2度ほど首輪を引きちぎられて帰ってきたりもしていました。
 
女の子だったせいか、怪我をさせられることはなかったのですが。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
メスネコのくせに6kg超えのおデブちゃんなので、寝姿もご覧の通りの大物ぶりです。
 
これだけ太っていると自分ではお尻を舐めることができず、そのためいつもお尻が汚れていますので
 
しょっちゅう拭いてやらなければなりません。手のかかる子なんですがそこがまた可愛かったりして。
 
あはは、いずこも同じだとは思いますが、私たちも完全な親バカチャンリンです。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 北大植物園の生き物たち「コムクドリ、ヒワの仲間、キビタキ、謎の幼鳥?」 | トップページ | 野幌原始林の山野草と虫たち »

コメント

ボスは見るからに強そうですね。
元々は何処かのおうちで飼われていたのでしょうね。
猫同士の付き合いを知らずに育ってしまったのでしょうか?
それにしてもご近所に真の猫思いの方がいらっしゃってボスくんも
他のニャンコたちも救われましたね♪

カンキチくんもウニちゃんも久しぶりにお顔を見ることができで
何だか嬉しいです(^^♪
ツブちゃんもせっかくみんなの仲間入りができたのに行方不明になってしまって
寂しいですね。

ピッピちゃんも久しぶり!
相変わらずの丸々コロコロぶりがとっても可愛いです(*^^*)♬
わはは、自分でお尻が舐められないほどのムクムクちゃんなんですね(≧m≦)
最近の猫事情をお知らせくださりありがとうございました!

 
catひめねずみさんへ
 
ボスは強いネコでしたね。そして人間を見ても逃げず、全く人間を

恐れませんでした。確かにどこかで飼われていたネコだったと思います。

ボスはネコ嫌いだったのかもしれませんね。もしかしたら自分をネコとは

思っていなかったのかも。

ご近所のネコ大好き女性のおかげで救われた野良ネコは何匹もいました。

本当に優しい方なんです。

ネコ社会に平和が戻ってカンキチくんもウニちゃんもホッとしているのでは

ないでしょうか? でもツブちゃんは残念なことをしました。

ピッピは相変わらずのピッピです。ずいぶん前から自分ではお尻を舐められず

苦労していました。かみさんの話によると先日明け方寝ていたピッピが突然

わをーんと声をあげたそうで、未だにボスの影に怯えているのかもしれません。

早くボスを忘れてくれるといいのですが。

ということでしばらくぶりのネコ事情でしたが、楽しんでいただけましたで

しょうか?
 

ボスはいなくなったのですか?最近見かけなくなりましたね。
歴史に残るボス猫かもしれませんね。

ブーちゃんも天国へ旅立ったと聞きました。
もう我が家にご飯をもらいに来る猫もいなくなりましたね。

もう猫は飼いませんわ。
皆いなくなちゃうのでこころ残りで喪失感に襲われますよ。

 
catさなえさんへ
 
はい、ボスがいなくなってご近所のネコ社会はまた平和になりましたね。

歴史に残るといえば、以前さなえさんがちょっと飼っていたミケとシロ

(特にミケ)も歴史に残る無法者だったように思います。たしか去勢手術

されたことが気に入らずいなくなってしまったと伺いましたが・・・

え? ぶーちゃんも天国に旅立っちゃったんですか? つい最近まで

元気に歩き回っていたのに・・・ そうでしたか。悲しいですね。

あのネコを可愛がっていた鎌倉風庭園のお二人も傷心のことでしょうね。

で、さなえさんの場合、また犬を飼ったりはしないんですか?
 

うちの猫も去年天国に旅立ってしまったので
久々にたっぷり猫を堪能させていただきました!
飼いたい気持ちもあるんですけどね~
あのぬくもりはたまらんですから。
でも、一人で飼うのは大変すぎて断念です。
たまに猫を目で楽しませてくださいませ!

 
catくまたんへ
 
長年可愛がってきたネコが天国へ旅立ってしまうと限りない

喪失感が襲ってきますよね。くまたんもそんな悲しみを何度も

味わってきていることと思います。

私もここにネコのお話を載せることがあまりできずにいますが

これからもできる限り載せていきたいと思っています。せめて

ここでネコの感触の一端だけでも味わってみてくださいませ。
 

で、昨夜そちらでは震度5弱の地震があったそうですね。

このところ頻発しているようなので心配ですね。
 

しろねこさんのご近所のねこさん達は良い体格をしていますね~(*^^*)
我が家は旦那と息子が、元々野良猫だから野性的に育てると言って、餌も程々でスマートを維持しています。
コロコロとした猫を見かけると幸せオーラが滲み出ているように見えます はは。。

ピッピちゃんの近状、拝見して嬉しくなりました♪
げんきそうですね♪

 
catmoonさんへ
 
ご近所のネコたちはみんなオスで体格もいいですが、うちのピッピは

メスネコのくせに過保護でしかも大食いときているもんですから

こんな真四角なデブネコになってしまいました。

獣医さんによるとネコは運動で痩せることはできないそうで、飼い主が

きちんと餌を管理しなければならないそうです。私たちはその管理に完璧に

失敗してしまいました。ま、でも今は元気に暮らしていますので、これは

これでいいかなと、勝手にそんな風に思っています。

moonさんから幸せオーラが出ていると言ってもらえてもいますし。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北大植物園の生き物たち「コムクドリ、ヒワの仲間、キビタキ、謎の幼鳥?」 | トップページ | 野幌原始林の山野草と虫たち »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ