カテゴリー「グルメ・クッキング」の4件の記事

2012年1月 6日 (金)

お餅サンドトースター

 
お正月ですので、今回はそんなお話しをしてみようと思います。
 
 
みなさんはお餅はどうやって焼きますか?

うちではもう何十年も、こういったトースターで焼いていました。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
このトースターで焼くと、中がまだ暖まっていない最初はお餅が焼けるまでに12分ほどかかります。

省エネが叫ばれている昨今、もう少しなんとかならないかといろいろ探してみたところ、おもしろいものを

見つけちゃいました。

お餅サンドトースターという名前だそうですが、ようはお餅も焼けるワッフル焼き器であります。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
なかはこんな感じです。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ここに切り餅をはさんで、火にかけて焼きます。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
火にかけた当初はこのように半開きの状態ですが・・・

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
だんだん閉まってきます。お餅が焼けて柔らかくなってきているんですね。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
焼き上がるまでの時間は ・・・なんと2〜3分程度! いままでの12分とは比べようもない短時間で

焼き上がることにビックリ! 材質は鋳鉄なので熱伝導率が抜群なんですね。

鋳鉄といえば私世代の北海道人は石炭ストーブとしてこの熱伝導率の高さの恩恵を受けていましたので、

感慨深いものがあったりするんですよ。 ←(どうもよく見たら、アルミニウム合金のようでした ≦(._.)≧)
 
で、こんな感じで焼き上がります。 まさにお餅ワッフルですね♪

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
表面はフッ素加工されていますので、お餅は焼き器にまったくくっつきません。

いままでトースターで焼いていたときには、下に敷いたアルミフォイルにお餅がくっついたりして難儀

していましたので、これもうれしい驚きでした。
 
 
 
さらにさらにもうひとつの驚きが・・・

なんと、1度焼いたそのあとすぐにふたたびお餅をはさんでおくと、2回目は焼き器の余熱だけで

お餅が焼けちゃうんです。 もうほんとうにビックリ!

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
このものすごくエコロジーなお餅サンドトースターのおかげでお餅がおいしいこと♪

私の写真ではそんなに美味しいお餅には見えないかも知れませんが、今年は例年の倍も食べてしまい、

3キロ近く太ってしまいました。

ちなみにワッフルもちゃんと焼けましたよ。 ま、こっちがメインですから当たり前ですが・・・
 
 
で、もうひとつちなみに、今回はちょっとおもしろいものを買ったなぁーという感想を書いてみましたが、

これをみなさんにお薦めしているわけではありませんので、興味を持たれた方は自己責任において

ご検討下さいね。
 
 
 
 
 
 
 
 

2011年8月25日 (木)

男の料理「アジの刺身」

 
私は男ですが、家でよく料理を作ったりします。

むかしから釣りが好きで、釣ってきた魚を自分で料理したりしていましたので、その流れでいろいろと

作るようになったんですが。

そんな私が料理を作るときの3種の神器がこれです。

牛刀、抗菌まな板、砥石

この牛刀1本で肉も魚も野菜も、みんな捌いてしまいます。

ものすごく使いやすくて重宝している包丁なんですが、値段はわずか千円。

包丁って、きちんと研いでさえやれば、こんな安物でもものすごく良く切れるというのが、なんとも

楽しかったりします。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前置きが長くなっちゃいましたが、今回はアジを捌いて刺身にしてみました。

いまの季節、アジは脂が乗っていて美味しいですからね。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは内臓を取って頭を落として、それから三枚におろします。

いきなり背骨に沿って包丁を入れる大名おろしにしちゃうと身がたくさん骨の方に残っちゃいますので、

ここは背と腹からそれぞれ背骨まで包丁を入れて丁寧におろすのがポイントですね。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
それから腹骨をそぎ落として・・・

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
そして背骨に沿ってある小骨を毛抜きで抜いて・・・

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
皮を引いて、食べやすい大きさに切ってできあがり。

このぐらいの大きさの魚だと、わざわざ包丁で皮を引かなくても、手で簡単に皮をはがすことが

できますね。

Img_06
 
 
 
 
 
ご覧の通り、私の料理は盛りつけに難があるかも・・・

ま、でも、美味しく食べられれば、多少見た目は、ねぇ〜♪

なんせ、男の料理ですから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お口直しに、ちょっとおもしろい人形焼きをば。

サザエさんのおかあさんのフネさんと飼いネコのタマです。

お台場に行ってきた方からかみさんがお土産にもらったものだそうで。

Img_07

どちらも妙に寄り目なのがおかしかったりして・・・
 
 
 
 
 
 
 
 

2011年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます!

 
今年もどうぞよろしくお願い致します。
 
 
おかげさまでこちら外房の地は穏やかな新年を迎えることができました。

今日のような元日には、石川啄木のこんな歌が思い出されます。

  何となく 今年はよい事 あるごとし

          元日の朝 晴れて風無し
 
 
今年もたくさんいいことがあるといいですね♪
 
 
 
 
今日はお正月らしく、戯れに蒲鉾を飾り切りにしてみました。

松とか孔雀とか蝶とか兎とか・・・

出来はともかく、こうやって蒲鉾に切れ目を入れると食べたときの食感が

良くなるんですよ。

ま、縁起物ということで・・・

Img_01
 
 
 
Img_02
 
 
 
Img_03
 
 
 
Img_04
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚は、初日の出を迎えるように待っていた今朝の月です。

鋭い寒月が空に刺さっているようで、初日よりも雰囲気がありましたので。

Img_06
 
 
 
 
 
 

2010年6月 4日 (金)

黄金アジって・・・

 
今日はお魚のアジ(正式にはマアジといいますが)のお話です。

だって、アジに脂が乗って美味しい季節になってきたんですもの。
 
アジには沖合を回遊する「クロアジ」と・・・
 
Img_01
 
 
 
 
 ・・・根につく「キアジ」とがあるんですね。
 
Img_02
 
 
 
 
ご覧になって分かるように、キアジの方がきれいな色をしていますよね。

このキアジを某テレビ番組で「黄金アジ」といって紹介したそうで、

そのため人気が高まっているという話を聞いたことがあります。

たしかにキアジの方が私も美味しいと思うのですが、だからこそ

そっとしといてくれよ! という気がしちゃいます。

でも幸いなことに、近所のスーパーなんかでは、この2種類を

区別することなく、同じように安い値段で売っていますので、

ありがたいことだと思っております。
 
 
 
 
で、この「黄金アジ」、

釣り船に乗って沖合の根に釣りに行くと、たくさん釣れる

ようなんですね。
 
Img_03_2
 
 
 
私も釣りはするんですけど、なんせ船に弱いもんで、アジだけを

釣るために船に乗ったりする気はないですね。

この釣りアジは、頂いたものでして。

美味しく食させて頂きましたです。
 
このあたりではスーパーなんかでも新鮮な魚が安く

手にはりますので、自分でさばく手間を惜しまなければ、

美味しい魚が楽しめちゃうんです。

(さばくのが面倒なときには、店に頼めば3枚におろして

くれますしね)
 
魚好きの私としては、いいところに住んでいるなぁと

いうことを実感しています。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ