カテゴリー「ペット」の45件の記事

2017年9月18日 (月)

お笑いにゃんこ劇場「フェルト製のくぅとピッピ」

 
ブログのお仲間で芸術家のひめねずみさんが、フェルトでくぅとピッピを作って送ってください
 
ました。
 
私は今札幌にいますのでかみさんが携帯でその写真を撮って送ってくれましたが、いかんせん
 
携帯なもんですから、残念ながら写りはイマイチのようです。
 
ひめねずみさん、本当に申し訳ありません。
 
 
 
まずはピッピです。とっても可愛らしい表情をしていますね。
 
Img01
 
 
 
 
 
 
 
 
Img02
 
 
 
 
 
 
 
 
若い頃のピッピにそっくりです。こんな頃ではないでしょうか? 
 
彼女の特徴を上手に捉えていると思います。
 
Img03
 
 
 
 
 
 
 
 
お次はくぅです。気持ちよさそうに寝ていますね。
 
Img04
 
 
 
 
 
 
 
 
前足の置き方といい尻尾の丸め方といい、まさにこの寝姿そのものですね。
 
Img05
 
 
 
 
 
 
 
 
実際はピッピの方が小さいのですが、当時のピッピの我の強さを表しているような感じがする
 
大きさが愉快です。
 
Img06
 
 
 
 
 
 
 
 
「ねーくぅちゃん、起きて遊ぼうよー!」 そんなことを言ってるのかな?
 
くぅが起きたら喧嘩をしかけるくせに。
 
Img07
 
 
 
 
 
 
 
 
今思い返してみると、くぅが手加減するのをいいことにピッピがお山の大将よろしく、くぅに
 
挑みかかっているイメージばかりが思い出されるのですが・・・
 
Img08
 
 
 
 
 
 
 
 
Img09
 
 
 
 
 
 
 
 
今回改めて当時の写真を見返してみると、いつもくぅがピッピをいたわりかわいがっていた写真が
 
たくさんありました。ひめねずみさんのおかげで、昔の懐かしいふたりに会うことができました。
 
たとえば・・・
Img10
 
 
 
 
 
 
 
 
たとえば・・・
Img11
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、ピッピがくぅにピタッと体を寄せて一緒に外を見ている、こんな仲良し光景も懐かしく
 
思い出すことができました。
 
Img_111
 
 
 
 
 
 
 
 
で、なんとこんな素敵なラッピングまでして送ってくださったんですよ。
 
ひめねずみさん、本当にありがとうございました。
 
Img12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年8月29日 (火)

お笑いにゃんこ劇場「デブネコ ピッピ」 と 幻のアマミフウラン

 
1年余りご無沙汰してしまいましたが、今回は我が家のデブネコ ピッピの話題です。
 
ご覧の通りのご立派な体型で、この1年ほどの間にとうとう6kgを超えてしまいました。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなおでぶなのんびりネコのノビ3連発から。
 
う〜〜〜ん!
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
う〜〜〜ん
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
う〜〜〜ん
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは外を見つめる精悍な目つき。 私が大好きな表情のひとつです。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
子ネコの頃は小豆色の可愛らしい肉球でしたが、外遊びが祟ったせいか随分黒くなってしまいました。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
この子、つい最近、上の犬歯がなぜか2本とも抜けてしまい、ちょっとご面相が変わったかも。
 
犬歯が抜けた時、動物病院の先生に「もうカリカリみたいに硬い餌は食べられなくなりますか?」と聞いたら、
 
「いや、大丈夫、問題なく食べられます。ただ、ネズミなんかが捕まえづらくなるかも」とのことで一安心。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
ここはピッピが大好きな見張り台のひとつです。日がな一日ここで外を見張っていることもあります。
 
で、前にある木彫りの置物は昔私が買い求めたものです。ニワトリは中2の林間学校の時、志賀高原で、
 
カエルは中3の修学旅行の時、十和田湖でのもの。なんと50年間も私の手元にあったことになります。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
家政婦は見た? 家政婦のミタ?
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
ピッピの食事は完全にカリカリのみですが、それなりにいいものを食べています。初代ネコのミーコもこの同じ
 
食事だけで14年生きましたし、腎臓も健康でしたのでこれがいいのかなと思っています。
 
ちなみに左のエレキギターは今私が愛用しているものです。クセの無い弾きやすいギターで気に入っています。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
ピッピは敷物の上で寝るのが大好き! なので家の中、要所要所にピッピ用に小さな敷物が置いてあります。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
それでも夏場はやっぱりフローリングの床が気持ちよさそう。
 
こんな寝方ができるのは安全な家の中なればこそですね。
 
私が若い頃愛用していたエレキを足で触って、安心を得ているのでしょうか?
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
ここでもやっぱり戸に足をつけて、安心と安定を得ているようです。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
でもこんなポーズで寝っころがるのは、安心しているからだけではないような気がします。
 
なんといってもこの体型ですから、きっとこの姿勢が彼女にとって一番楽なのではないでしょうか?
 
6kgを超えたあたりから、このポーズが定番になりつつあるようです。
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、10年ほど前にさなえさんからお土産で頂いたアマミフウランですが、7年経ってやっと1輪花が咲き、
 
そのまた4年後の今年、なんとか4輪花をつけてくれました。
 
そんな、我が家では幻の花、アマミフウランの花です。日本のランらしい清楚な妖しさに魅せられます。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
この花もサギソウと同じく、花の下に距と呼ばれる蜜を貯める管が付いていますね。でもどんな生き物が
 
この蜜を吸うんでしょう? 全くの謎です。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年8月23日 (水)

お笑いにゃんこ劇場「ご近所のネコたち」

 
今回はここ半年ぐらいの間にうちの近所や散歩道で出会ったネコたちがテーマです。
 
 
まず最初はすぐご近所で飼われているオスネコのカンキチくんです。
 
Img_01  
 
 
 
 
 
 
 
このチョビひげ模様が彼のトレードマークです。
 
首にぶら下げているのは虫除けでしょうか? 鈴の音もするようです。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
とっても気持ちの優しいネコなんですが、うちのピッピは彼のことが大の苦手。
 
彼に出会うと「私に近寄らないでー!」とばかりに叫び声を上げて威嚇します。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
先日彼を持ち上げてみて、その重さにちょっとビックリ! 
 
大きなオスネコですからそれなりに重たいだろうとは思っていましたが、持ってみた感じでは
 
9kgぐらいはありそうでした。ちょっと想定外の重さ!
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
とある日、かみさんの車の下にいたのが、さなえさん家のネコニャンズ3匹衆。
 
ぶーちゃん(うちでの呼び名はアサショーニャン)、チビクロ、ママクロの3匹です。
 
最近は滅多にうちの方までは来なかったのですが、しばらくぶりで遠出をしてきたようでした。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特にぶーちゃんとチビクロは大の仲良しのようです。いつも一緒にいる姿を見かけます。
 
ぶーちゃんは尻尾を上げて、私に挨拶してくれているのかな?
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは散歩道で出会ったロシアンブルーのネコ。
 
私とこのネコの間にキジバトが1羽、佇んでいました。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
やがてそのキジバトは飛んで行きました。
 
このネコ、純粋なロシアンブルーではなさそうです。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
それにしてもこのネコ、以前飼っていたくぅに顔がとってもよく似ています。
 
このネコに出会ったこの場所は、子ネコのくぅが捨てられていたすぐ近くです。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
以前聞いた話によると、あるお宅のロシアンブルーがチャネコと不義をして子供が生まれた
 
もんだから、その子達3匹が捨てられたんだとか。
 
私がくぅを拾った時には彼1匹しかいませんでしたが、この子はくぅの兄弟なのかもしれません。
 
くぅは2年半しか生きられませんでしたが、この子は元気に育っているようで何よりだと思います。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのネコも散歩道で。
 
このネコ、ムクドリに追いかけられて藪の中からこの電柱のところまで逃げてきたところです。
 
ムクドリの巣でも狙っていたのかもしれません。私と出会って立ち止まりました。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
藪から少しずつ出てきて、私の方を警戒するように見ています。
 
見た感じ、ちょっとピッピに似ているようにも思います。
 
しかしかなり足が短い!
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
その短い足で私を警戒しながら逃げるもんですから・・・ 
 
Img_13  
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと笑っちゃうぐらいの低姿勢になっていました。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは一時期うちの近所を歩き回っていたよそのネコです。
 
精悍な顔つきをしていてかなり強そうです。ピッピを恐怖のどん底に叩き落したネコでした。
 
この子が近所をうろついている間、ピッピはほとんど家から出ることができませんでした。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
長いひげといい、肉球の綺麗さといい、どこかで飼われているネコかもしれません。
 
この写真を最後に見かけなくなってしまいました。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
春先、ヒバリの写真を撮っている時に、ヒバリの縄張りのすぐそばを歩いていたネコです。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
私のことなど眼中にないという感じで歩いていましたが、やっぱり私のことが気になったようで、
 
道路に出ると何度もこちらを振り返っていました。
 
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、おまけの1枚です。これ、なんだかわかりますか?
 
カエル? カマキリ? カッパ? はたまた宇宙人?
 
実はこれ、オオトリノフンダマシというクモの仲間なんです。鳥の糞に擬態しているということで
 
この名前があるようです。
 
顔のように見える部分がお腹で、その上の方に頭や足がたたまれています。
 
Img_19
 
 
それにしても、他の生き物に擬態するのはよくあることですが、よりによって鳥の糞という無生物に
 
擬態するというのは、どういう発想からなんでしょう? 自然界には不思議なことがたくさんあると
 
思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年7月11日 (月)

お笑いにゃんこ劇場「ピッピに恋するジバニャン その後」

 
恋するジバニャンの続編です。
 
 
 
 
ご近所の玄関先でピッピが無断でくつろいでいるところにジバニャンがやってきました。
 
ピッピはジバニャンにガンを飛ばしますが、ジバニャンは見て見ぬふり。 忍ぶ恋なんです、彼は。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
「何かご用? 私はあなたに興味ないんだけど」
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
手をあげてはいますが元来気の優しい子ですから、あくまでも叩く真似だけ。
 
ジバニャンもその辺のことはよく分かっているので反撃はしません。 ジバニャンがこれにハイタッチで
 
返したら面白いんですけどね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
威嚇だけしておいて、ピッピは自分のうちの方へと戻ります。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
すかさず付き従うジバニャン。 お尻の古傷が妙にこの子のトレードマークになっているような。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ジバニャンはピッピのことが大好きのようなんですが、ピッピの方はあまり興味がない様子。
 
それでもネコ嫌いのピッピにしては珍しく、かなり友好的な雰囲気を漂わせています。
 
ただひとつ問題なことは、ジバニャンの妖気に当てられてピッピが発情してしまうこと。 本人もこの変な気持ちを
 
持て余しているようです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
「私はひとりが好きなの!」
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
「あんまりうちに来ないで頂戴ね!」
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
「ピッピのことが好きなんだけどな〜」
 
青春真っ只中のこの青年は、まだ自分の切ない思いを彼女に上手く伝えられずにいるようです。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、ここからは別のネコのお話です。
 
実はご近所にかなり特異なネコたちがいたので、ちょっと取り上げてみたいと思います。
 
登場人物(にゃん物?)はこのふたり、ミケとシロです。
 
毛並みは二毛ですが、名前はミケ、オスです。
 
Img_10
 
 
 
 
こちらもオスのシロ、おそらく兄弟ではないかと思われます。
 
Img_11
 
 
 
このネコたちがどう特異かというと・・・
 
特にミケは人間に甘えるのが上手なようで、飼い主さんをメロメロにしてしまうようなんです。
 
そのくせ他のネコに対してはかなり好戦的で、近所のネコたちに戦いを挑んではことごとくやっつけて
 
回ったようです。 うちのピッピもこっぴどくやられて、それ以来怖くて外に出ることができなくなって
 
しまったほどでした。
 
一方のシロはミケに対してものすごく気遣いをするネコで、それこそミケの姉さん女房か世話焼き女房でも
 
あるかのように甲斐甲斐しくお世話をしたりしていました、オスなのに。
 
このふたり、もともとどこかから流れてきたさすらいの旅人ネコだったようですが、飼い主さんがミケを飼うことに
 
決めて去勢手術をしたところ、それが気に入らなかったのか、或る日突然ふたり揃って姿を消してしまった
 
そうです。
 
とにかく人間とうまくやっていくことが上手なネコたちだったようなので、今頃どこかで別の人に可愛がられて
 
幸せに暮らしていることと思います。
 
とにかくミケは最強のオスネコでした。 私もこのあたりのネコたちと交流するようになってもう30年近くに
 
なりますが、ここまで強いネコはまずいませんでした。
 
まずもって不思議なネコたちでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年3月22日 (火)

お笑いにゃんこ劇場「ピッピに恋するジバニャン 後編」

 
恋するジバニャンの後編です。
 
 
 
「おまえたち、そこでなにやってんの?」
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
「ピッピとお見合い中! いま大事なところだから邪魔しないでよ!」
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
また別の日
 
「ねぇ、ピッピ居るぅ〜?」
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
「そんなにわらわをおぼしめしならば、百夜(ももよ)かよいたまえ!」
 
またしても小野小町と深草少将のようになってきましたよ。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
そう言われたジバニャンは雪の日にも通ってきました。
 
ウィルス性鼻炎に罹っているようなのにかわいそう!
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
そう思って心配していたら、昨日ジバニャンがきれいな顔で現れました。
 
誰かが彼の顔を拭いてくれたようです。 近所の優しいネコ好きの女性の顔が4人ほど思い浮かびます。
 
きっとそのうちの誰かがやってくれたんでしょうね。 とっても嬉しいことでした。
 
実は私も先日、片手にティッシュボックスを持ってそっとジバニャンに近づいてみたんですが、すんでのところで
 
逃げられてしまいました。 私はまだまだ警戒されているようです。 ジバニャン、よかったね♪
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
一方の当事者である深窓のご令嬢(?)ピッピはというと・・・
 
自分専用のキャットウォーク最上階の寝床から眠そうに降りてきて・・・
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
大きなあくびを一発!
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
さらには思いっきり伸びもして準備万端。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
「さて今日はどんないたずらをしようかな?」
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
「いやいや、そんな余裕はないんだった。またちゃんと外を見張らねば」
 
Img_11
 
 
このところ入れ替わり立ち替わりいろんなネコがうちの庭にやってきますので、ピッピとしては
 
窓辺に座っての見張りが欠かせなくなっているようです。
 
もっともよそのネコが来ても唸ることもできず、ただただ身を低くしてやり過ごすだけなんですけどね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年3月17日 (木)

お笑いにゃんこ劇場「ピッピに恋するジバニャン 前編」

 
この子、妖怪ウォッチの主人公ジバニャンに似ていると思ったものでジバニャンと名付けました。
 
今年の1月1日にうちの庭を歩いていたのが見かけた最初でした。人懐こいネコなので飼いネコだったと
 
思うのですが・・・   もしかして捨てられてしまったのでしょうか? 今は完全に野良ちゃんです。
 
右目に障害があるようで、おそらく右目は見えていないと思われます。
 
それでも毎日元気に歩き回っている姿を見かけます。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
そんなジバニャンがこの陽気で発情してしまったようです。
 
そしてある日、ピッピと出会ってしまいました。ピッピは避妊手術はしてあるのですが、ジバニャンに
 
影響されてか、ときどき身悶えしたりしていたのであります。
 
どうするのかと見ておりますと・・・
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
ジバニャンは甲斐甲斐しく(?)ピッピに付き従って歩いていきます。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
ピッピは彼を意識しているはずですが、素知らぬ顔で草の匂いなんぞをかいだりして・・・
 
この時まではシッポを倒していたのに・・・
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
いきなり彼の眼の前でシッポを立てましたよ。 これって彼の気を引いているのでしょうか?
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
でも次の瞬間、ジバニャンの方に向き直りました。 ジバニャン、びっくりポン!
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
そしてネコパンチ! 実際に手は出しませんでしたが、ジバニャンは完全に腰が引けてしまっています。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
それでもめげずにピッピの後をついて回るジバニャン。 
 
どうですこのふたりの顔、健気なジバニャンと憮然としたピッピ。
 
ピッピはなにしろ深窓のご令嬢ですから(笑ってしまいますが)、とても気位が高いおネコ様なんです。
 
この後このおネコ様は家の中に入ってしまわれ、今回のラブチェイスは終了してしまいました。
 
Img_08
 
 
 
しばらくはこんなことが繰り返されそうです。 どうなりますことやら。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年12月 5日 (土)

お笑いにゃんこ劇場「オピポとは わたしのことかと ピッピ言い」

 
4本の足先に白いくつ下を履いたようなネコだったので、スウェーデンの童話「長くつ下のピッピ」にちなんで
 
ピッピと名付けたのですが・・・
 
うちのかみさんは、どういうわけか勝手にどんどん呼び名を変えていくんです。
 
ピッピ → オッピ → ピポ →オピポ
 
ピッピは自分が呼ばれていることはきちんと認識しますので、どう呼ばれても必ず「ニャッ!」と
 
短く返事をしますが、それでもゲーテのように嘆いているのかも知れません。
 
オピポとは わたしのことかと ピッピ言い  (ギョエテとは 俺のことかと ゲーテ言い)
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
普段ひとりの時には登らない庭の柿の木ですが、そばに私かカミさんがいると登って自慢そうに
 
アピールします。 何が偉いのか分かりませんが、本人はけっこう得意気です。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
ピッピはトカゲを捕まえるのが大好きで、この日はヒガシニホントカゲを捕まえていました。
 
ピッピには尻尾を切って逃げるというトカゲの得意技は通用しないのですが、幸いトカゲは食べないので、
 
うちの庭には尻尾のないトカゲがたくさん棲んでいたりします。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ピッピはヘビも大好きで、おとなしいヒバカリなんかが格好の遊び相手になってくれます。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒバカリは無毒のおとなしいヘビだからいいのですが、うちの庭にたくさんいる毒ヘビのヤマカガシなんかも
 
捕まえたりして、時には食べてしまうこともあるのでちょっと心配しています。
 
以前はヤマカガシを頭から食べた後、口が顎関節症のようにカクカクなっていました。
 
ヘビの毒に当たったのかも知れません。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピッピにしてみれば断じてお友達ではないのですが、うちの庭にやってくる近所のネコたちも
 
ご紹介してみたいと思います。
 
総勢5匹、全員が男の子です。
 
まずはカン吉、このあたりの治安をきっちり安定させている貫禄の親分です。 彼がいるおかげで
 
他の流れ者ネコが入ってくることがありません。
 
それにとても人懐こくて可愛いネコなんです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
カン吉と並ぶ実力の持ち主、うにちゃんです。 どこを見ているのか分からないその目で見つめられると
 
ちょっと不思議な感じがしてしまいます。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
このお宅で可愛がられていますが、完全な飼いネコではない模様。 毎朝ご出勤してはご飯をもらって
 
いるようです。 うちではアサショウニャンと呼んでいますが、この子も人懐こいネコです。
 
目の色に特徴があって、人間でいう白眼の部分に吸い込まれるような微妙な色が乗っているんです。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
そのご出勤の様子です。 前の写真とちょっと色が違って見えますが、こちらの方が彼本来の色ですね。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
前脚の一部が欠損しているのでサンボンアシと呼ばれているネコです。 それでも歩くのにそんなに支障が
 
ないのがこの子のすごいところなんです。
 
このところ草むらにじっとうずくまっていたりして元気がないのが心配です。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
さなえさんの飼いネコのチビクロです。 ひところうちのピッピに夢中でしょっちゅう通ってきて
 
いたのですが、最近来なくなってしまいました。 どうやらピッピは振られてしまったようです。
 
ま、ピッピは「はじめからそんなに好きじゃなかったしー」とか言っておりますが・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年9月14日 (月)

お笑いにゃんこ劇場「自由人ピッピのあだ名はヨアソビンスキー・ヒルネンコ」

 
以前まだピッピが深窓のご令嬢で、外に出してもらえない頃のあだ名はちびわるこちゃんでした。
 
外に出してもらえないことを不満に思っていろんな悪さをしたのでカミさんがつけたあだ名でしたが、
 
あれから幾星霜、今では完璧な自由人となったピッピはもう好き勝手し放題。
 
特に夜遊びが大好きで昼間は寝てばかりいるので、今度は私がつけたあだ名が
 
ヨアソビンスキー・ヒルネンコ!
 
何しろピッピはこの辺りでは2番目に弱いネコなもんで、昼間は怖くてあまり外を歩き回れないご様子。
 
この辺りのネコたちは基本的に皆飼いネコばかりなもんで、夜はみんな各自の家で寛いでいるようで、
 
ピッピはその隙をついて、ここぞとばかりにお出かけになるという寸法なのであります。
 
 
 
そんなヒルネンコちゃんの寝姿5態です。
 
まずはバック・レストラン・スタイル、つまりは うらめしや〜 ですな。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
ごろにゃ〜〜〜ん  のびのびのびぃ〜〜〜
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
スーパーマンになって空を飛んでいる夢でも見ているのかな?
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
こちらは鉄腕アトムでしょうか?
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
家中どこでだって、自由気ままに寝てしまうヒルネンコちゃんなのであります。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
臆病者ですから、見張りは大抵家の中から・・・
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
まなざしは真剣ですが、誰か他のネコが来ても唸りません。
 
「だって怖いんだもん!」
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
「私もお外に連れてって!」 と言うこともありますが・・・
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大抵は、外を見ていて気が向くと・・・
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
左手を網戸にかけて少し開け・・・
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
今度は右手でその戸を押し広げ・・・
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
悠然と外へと・・・
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
出て行ってしまいます。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
それでもいつの間にか別の扉から網戸を開けて入ってきて、爆睡していたりするのです。
 
#14
Img_14
 
 
 
自由人ピッピの、とある日常風景でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年2月18日 (水)

お笑いにゃんこ劇場「小野小町ピッピに思いを寄せる深草少将チビクロ」

 
こちらはさなえさんのお宅のチビクロくんです。
 
以前毒ヘビ(マムシかヤマカガシ)に右前脚を咬まれたため障害が残り、このポーズが普通の立ち姿に
 
なってしまいました。 そのせいかちょっと臆病ではありますが、おとなしくてかわいい男の子です。
 
そんな彼にも恋の季節がやってきたようです。 避妊手術をしてあるとはいえ、うちのピッピも女の子、
 
盛んにうちの庭にやってきてはピッピに恋の歌を歌いかけているようです。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
平安時代、小野小町に思いを寄せる深草少将(ふかくさのしょうしょう)というお公家さんがいました。
 
でも小野小町は深草少将を相手にしません。そして 「わらわに逢いたければ百夜(ももよ)通い給へ」と
 
言います。
 
深草少将の百夜通いが始まりますが、九十九夜目が大雪で、その雪にまかれて少将は亡くなってしまうのです。
 
 
ピッピのもとに通って来るチビクロを見てると、ふとそんな話を思い出してしまいました。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
チビクロはピッピの行くところならばどこにでもついて行きます。
 
右の方にいるピッピを座ってじっと見つめていたチビクロですが、カメラを持って私が近づいたものですから
 
一瞬逃げ腰になってしまいました。
 
ごめんごめん!
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
一方ピッピの方はやりたい放題。 このときは木に登って、「どうよ、私はこんなことだってできるのよ!」
 
とでも言うように、これ見よがしにポーズをとります。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
あるときふたり仲良さそうにしていたので見ていると、チビクロが駆け出して
 
「ピッピ、ついておいで!」    しっぽをあげて楽しそうです。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
「ピッピ、ついて来てるかなぁ〜?」      ↓  こういうかわいらしさがチビクロの身上なんですよ。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
「ありゃ、座っちゃった、なんで?」
 
#7
Img_07
 
 
 
 
「わたしゃ、そんなに安っぽい女じゃないのよ!  さ、帰ろっと!」
 
#8
Img_08
 
 
 
 
「あ〜あ、行っちゃった〜。でもまたアタックするぞー!」
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
雨の今日はチビクロがやってきません。 普段はつれないピッピですが、何度も外に出てはチビクロがいないか
 
探している様子。 かなり意識しているようです。
 
今までいろんなネコにけんか腰で追いかけられたりうなり声をあげたりしていましたが、
 
チビクロに対しては全くそんなことはなく、初めてお友達になるのかなと、かみさんとふたりで大いに
 
期待しているところです。
 
このあたりには強くて意地悪なオスネコの3本足や、体格のいいアサショウニャンというオスもいますので、
 
チビクロもオスとして生きて行くのは大変なことだろうと思います。 でもこういうかわいい子には
 
なんとか長生きしてもらいたいものです。
 
 
 
 
 
 
 

2014年9月 5日 (金)

お笑いにゃんこ劇場「ピッピは悪人顔で狩りをする」

 
しばらくぶりでピッピの登場です。
 
以前は家の中で大事に大事に育てられていた深窓のご令嬢でしたが、いまや大手を振って外を闊歩する
 
じゃじゃ馬になってしまいました。  アハハハsweat01
 
まずはそんなピッピの狩りの様子です。
 
どこからかネズミ(カヤネズミでしょうか)を捕まえてきては、うちの庭に放して弄びます。
 
「ちょいちょい」
 
Img_01
 
 
 
 
「どうだ、まいったか」
 
Img_02
 
 
 
 
「えい!」とばかりにシロバナタンポポの根元に追いつめました。
 
Img_03
 
 
 
 
ネズミをくわえたときのこの悪人面、うなり声まであげています。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
こちらはスズメを捕まえたときのもの。 やっぱり凶暴そうな顔をしていますね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
普段は甘えん坊のひょうきん者なんですけどね。 こんな風に憎めない顔をしてるんですよ。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
この場所はピッピが大好きな場所のひとつで、よくこうやって敷居に肘を乗せて日がな一日
 
外を眺めたり、ここで寝たり・・・
 
Img_07
 
 
 
 
「何してるの?」と聞くと、「変なネコが来ないように見張ってるの!」と答えます。
 
普段はこのように穏やかなんですけどね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
コヤツの変な癖のひとつに、おかしな水の飲み方があります。 手で水をすくってはペロペロ。
 
おまえはアライグマか! とツッコミを入れたくなってしまうんですよ。
 
おかげで周りは水浸し、困ったものです。 なのでいつもは専用の水飲み器で水を飲ませて
 
いるのですが。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ