カテゴリー「野鳥」の127件の記事

2016年9月17日 (土)

探鳥日和「モズの舞い、スズメの水浴び、始祖鳥の化石?」

 
小糠雨に煙る とある朝のことでした。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
タイサンボクのテッペンにとまっていた1羽のモズが突然飛び立ちました。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
しかしどこかへ飛び去るわけでもなく、その場で流氷の天使クリオネのようにひらりひらりと舞い踊っています。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
まさに舞いを舞うように、踊りを楽しむように・・・
 
いつもながらの綺麗な翼も印象的です。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
しばし不思議な舞いを舞った後、次の行動に移ります。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
体制を整えながら翼をあげて・・・
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
その翼を打ちおろし・・・
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
次の瞬間いきなり体を傾けると・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
どこへともなく飛び去ってしまいました。
 
Img_09
 
 
 
あの踊りは何のためだったんでしょう?  謎です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな雨の日、水はけの悪い道路には一時的に水たまりができます。
 
すると、待ってましたとばかりにやってくるのが愛嬌者のスズメたちです。
 
手前にいるのがまだ若いチュン子、その向こうで水浴びしているのがチュン吉のようです。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
と、水浴びをしているチュン吉の上を飛んでやってきたのがチュン兵衛御大。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
左側にストンと着水したチュン兵衛の足元! 水面が凹んでいますね。
 
そのむかし忍者が使ったという水面を歩くための道具「水蜘蛛」でも履いているのでしょうか? 
 
恐るべし猿飛チュン兵衛!?
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
スズメたちそれぞれに俄のプールで楽しんだ後、三々五々帰って行きました。
 
まずチュン吉が去り・・・
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
チュン子が去り・・・
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
猿飛チュン兵衛が去り・・・
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に残ったチュンロクも去り・・・
 
(え? チュンロクなんていたっけ?  ・・・いたんです、いつの間にか)
 
Img_16
 
 
そして誰もいなくなりました。
 
そして、この水たまりもやがて姿を消してしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここでひとつ、おまけの画像です。
 
 
始祖鳥の化石です!?
 
まだ生きていますが  まだ空を飛んでいますが
 
なので、これが本当の生きた化石!?
 
Img_17
 
 
お後がよろしいようで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年7月19日 (火)

探鳥日和「庭にやってきたウグイス、カワラヒワ」

 
うちの庭ではお馴染みさんのウグイスです。 雨模様の日でしたが元気に登場です。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと落ち着きなくキョロキョロしていると・・・
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
私と目が合ってしまいました。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
しかもめっちゃガン見!
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
私の方を見ながら 「ホーホケキョ!」  お、この子はきちんと標準語だ!
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
左目でもカメラ目線で 「ホーホケキョ!」
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
今度は別の枝に移って・・・
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょいと枝を味見 「今日の枝は雨ぇ〜な〜」
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
得意の一発芸は空中浮揚!
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また別の、よく晴れたヒマワリがよく似合う日に、ヒマワリ畑にやってきたカワラヒワ。 
 
ヒマワリの花を食べに来ていました。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
すると突然 背を伸ばして 「ん? 誰かに見られてる?」
 
鋭い鳥です。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
「あ、あいつだ!」
 
気づかれたようです。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
左目でこちらを確認!
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
右目でもガン見!
 
Img_14
 
 
 
 
 あいつは(私のことね)大したやつじゃないなと思ったようで、その後も美味しそうにヒマワリの花を食べ続けて
 
いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年7月15日 (金)

探鳥日和「庭の巣箱でシジュウカラが子育て、しかし・・・」

 
やはりシジュウカラは庭のクスノキに設置した巣箱で子育てをしていました。
 
親が盛んに虫餌をヒナたちに運んできます。
 
親が巣にいない時は静かにしているヒナたちですが、こうして親が餌を持ってくるとみんな一斉にピーピー
 
鳴きはじめます。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒナに餌を与えると今度は、ヒナがした糞をくわえて外へと運び出します。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
それも巣のすぐ外ではなく、わざわざ遠くまで捨てに行っているようです。
 
ツバメのヒナが巣の外にお尻を出してピュッとやるのとは大違いの用心深さです。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
また別の日もせっせと糞を運び出していました。 きっとヘビなんかに気づかれないための所業なんでしょうね。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
でもとある日、ヒナたちがみんな揃って鳴いています。 何かが変です。 巣がヘビに襲われて、そのため親が
 
巣を放棄したのでしょうか? 不安がよぎります。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
かなりしばらく経ってから、1羽のシジュウカラが巣へとやってきました。 親が帰ってきたのでしょうか?
 
でも餌はくわえていません。 よく見るとこれは親ではありませんね。 まだ巣立ったばかりの若鳥のようです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
一体これはどういうことなんでしょう?
 
ここからは私個人の勝手な推測です。
 
おそらくこの巣はヘビに襲われたんだと思います。 翌日この木の下にヤマカガシがいるのを見つけましたし。
 
でもヒナは1羽も食べられなかったと思います。 巣の中で食べられていれば今度はヘビが巣の外に
 
出られなくなっていたはずですから。 親鳥は食べられた? それはわかりません。でもあのヤマカガシの
 
膨らんでいない体型を見ると親も無事だったのではという気がします。
(このヤマカガシが犯人だとすれば)
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
それではこの若鳥の正体は?
 
まずこの親たちはこの巣箱にワケアリ風にやってきました。 餌台でずっと餌を食べていたのに
 
或る日突然来なくなり、どこかで子育てをしているんだろうなと思っていた矢先にやってきました。
 
きっとそこでもヘビに襲われたので、その巣を放棄してこの巣箱にやってきたのではないでしょうか?
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてここで巣作りを始めたのですが、きっとまだメスの体の中に卵が1個残っていたんだと思います。
 
その卵をこの巣で産み落とした後、再び交尾をしてさらにまたたくさんの卵を産んだのではないでしょうか。
 
最初に産んだ1個の卵が先に孵って、この若鳥になったような気がしてしまいました。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
この若鳥は盛んに巣箱の周りを点検して回っていました。 まだヘビがいるかどうか探していたのかもしれません。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
この若鳥はこの後すぐどこかへ行ってしまい、親たちが帰ってくることもありませんでした。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
餌をもらえなくなったヒナたちは助かりませんでした。 全部で9羽もいました。
 
こんなにたくさんのヒナたちに餌を運んで一生懸命育てていたのに、ヘビに襲われるとやっぱり巣を放棄
 
してしまうんですね。 親が死んでしまってはヒナも助かりませんから、親は必ず生き残るように自然の仕組みが
 
できているのでしょうか?
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
ピッピが木に登ってこの巣箱の上に乗っかった時にも親たちは大騒ぎしていましたが、それでも巣は
 
放棄しませんでした。
 
ピッピが巣の下でスズメを捕まえた時にも親たちは猛抗議をしていましたが、巣を放棄することは
 
ありませんでした。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
それだけシジュウカラにとってヘビというのは恐ろしい存在なんでしょうね。
 
残されたヒナたちは黒い羽根も生えそろって、もう何日かで巣立つことができたのではというぐらいに
 
成長していましたので、本当に残念でした。
 
Img_14
 
 
 
私にもなんとかしてあげたいという気持ちはあったのですが、私が手を出してもヒナたちは助からなかったように
 
思いますし、自然のことは自然に任せるしかないのかなとも思いました。
 
あとはこの巣立った1羽の若鳥の無事な成長を祈りたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月27日 (金)

探鳥日和「キジの幌打ち」

 
少し前の写真ではありますが、今の季節はあちらこちらで盛んにキジが鳴いています。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
キジのオスはメスにアピールするために「ケンケーン」と鳴いた後、翼を広げて激しく羽ばたく幌打ちをします 。
 
 
まず身体を起こして翼をひろげ・・・
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
大きく羽ばたいて・・・
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
ドドドドとその音凄まじく翼を打ちつけます
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
そしてゆっくり翼を収めて・・・
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
気をつけの姿勢をとって幌打ち終了!
 
Img_06
 
 
なかなか豪快なディスプレイです。
 
 
 
 
 
 
オスのキジは、ヤマドリほどではありませんが立派な尾羽を持っていますね。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
その自慢の尾羽を立てて猛ダッシュ!
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
日差しを受けて背中の模様がきらびやかに輝きます。 まるで見返り美人(オスだけど)
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
正面顔にはひょうきん者の面影が・・・
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
普段は走って逃げることが多いキジですが、こんなジャンボな身体を持ちながらいざとなったら
 
飛べるんですから大したものです。
 
Img_11
 
 
もうしばらくすると、運が良ければたくさんの雛を連れたメスに出会うことができるかも知れませんね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月23日 (月)

探鳥日和「ヒバリとコチドリの競演」

 
今朝、前回ちょっとだけ話題にしたホトトギスの初鳴きを聞きましたが、今回の話題はヒバリからです。
 
うちのすぐ近く、野原の上空一点にとどまりながらヒバリが盛んに鳴いています。
 
美しい空を背景に鳴くヒバリ、まさに美空ひばりさんですね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
ヒバリの高鳴きとか揚雲雀とか称されますね。 賑やかで長閑な声が上空から降ってきます。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
ひとしきり鳴いた後は、本人も気が済んだのでしょうか、おもむろに降りてきました。
 
ヒバリの翼はこのように半円形で模様も綺麗ですね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
しかし地上に降りると完璧な保護色で、どこにいるのかすぐに見失いそうになってしまします。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
きっと近くに巣があるのでしょうね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
開けた地上に巣を作るこの戦略ってどうなの? と思いますが、何万年もこうしてきたんでしょうから
 
この鳥にとってはこの方法が理にかなったやり方なんでしょうね。 大したものだと思います。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
ヒバリは目にも特徴がありますね。 大きく張ったような目をしていて、どこかカエル顔?
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
と、その後ろを別の鳥が歩いてきました。 そのせいかどうか、ヒバリはしかめっ面?
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
目の周りの黄色いアイリングが可愛らしいコチドリですね。
 
この子も毎年今の時期よくここでお目にかかります。 やはりここで子育てをするのかもしれません。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
おでこの白さも印象的ですね。 これがネコならばデコシロウとか名付けちゃいそうです。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
この子の歩き方はまさに千鳥足、同じ酔っ払いとして(?)親近感を持ってしまいます。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月19日 (木)

探鳥日和「オオヨシキリ ギョギョシギョギョシと クルミの木」

 
ここはあの懐かしのチロリン村ではありませんが、クルミの木にオオヨシキリがいました。 毎年この木で元気に
 
鳴いています。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
「ギョギョシ ギョギョシ」 オオヨシキリはものすごく大きな声で鳴きますね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
「行行子 行行子」  くちばしも長い! それだけ口が大きいということなんでしょうね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
「ケケチ ケケチ」 おちょぼ口も愛嬌たっぷり。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
オオヨシキリは口の中が赤いという特徴がありますが、口の中が赤い鳥で有名なのはホトトギスでしょうか。
 
八千八声 鳴いて血を吐く ホトトギス という句もあったりしますね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
俳人正岡子規の子規とはホトトギスのことですが、肺結核で血を吐いていた彼がこの句に擬えて子規と号した
 
という話が伝わっていますね。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
クルミの木のこのポジションがこの子はお好きなようです。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
別の日にも同じこの場所で鳴いていました。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
くちばしが長くて頭はモヒカン風、つぶらな瞳がキュートなパンクロックのおにいさんといった風情でしょうか?
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
かと思うとこちらは、白髪髭を生やした風格ある野武士風のおじいさんにも見えてしまいます。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
ひとしきり鳴いた後・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
どこかへと飛び去っていきました。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<おまけ>
 
かみさんとふたりで奥の細道を歩いている時、行先はるか遠くに変なものが見えました。
 
「あそこに何かあるぞ! さっきはあんなもんなかったはずだけど」
 
「でも動かないから生き物じゃないわよ」
 
「なんだべ? 急にタケノコでも生えたかな?」
 
そんな戯言を言いながらそっと近づいてみると、この野うさぎでした。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
目がくりくりまんまるでかわいらしい♪
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
後ろ向きでも長い耳だけはダンボで、しっかりこちらを向いています。
 
Img_15
 
 
 
でも上の2枚の写真、野うさぎの前にあるシャクの実が邪魔ですね。
 
実の中にはタネがあって・・・
 
 
      これがほんとのシャクのタネ
 
 
 
おあとがよろしいようで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月15日 (日)

シジュウカラがついに庭の巣箱を使い始めたかも

 
去年の秋からよく2羽で餌台のヒマワリのタネを食べに来ていたシジュウカラでしたが、春になってしばらくすると
 
姿を見せなくなってしまいました。
 
またどこか別の場所で子育てを始めたかとがっかりしていた矢先の先日、庭の巣箱に2羽そろってやって来ました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
7年前にクスノキに設置した巣箱ですが、毎年の空振りで正直かなりめげていたところではあったのですが・・・
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
今回は巣箱を気持ち少し上に設置し直してみました。 それが良かったのでしょうか?
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
最初に巣箱を点検しに来たこの子はオスのような感じがしました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
続いてメスと思われる方が巣材の苔をたくさんくわえてやってきました。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
オスが巣箱の中を点検した後、メスが巣材を巣箱の中へと運び込みます。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
自分でも後ろを確認、用心深くことを進めているように見えます。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
そして中へ・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
「もっとたくさん持ってこなくちゃ!」
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
忙しそうに入ったり・・・
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
出たり・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
シジュウカラ専用とするため巣穴の直径は30mmにしてあります。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
この大きさだとスズメは入ることができませんので。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、やっぱり問題はこの子でしょうな。 どうなりますことやら。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月11日 (水)

探鳥日和「ホーホケキョとは鳴かないウグイス キム・チギョン」

 
正岡子規の句にこんなのがあります。
 
     鶯の 声になまりは なかりけり
 
地方に行って人の話す言葉に訛りが感じられても、ウグイスだけはどこに行ってもみな同じように
 
「ホー ホケキョ」と鳴くと、そう詠んでいるんですね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
ところが、万木の森に棲んでいる数十羽のウグイスたちは全員が「ホー キム・チギョン」と鳴くんです。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
いいですか、鳴きますよ。 よく見ててくださいね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
「ホー キム・チギョン」
 
Img_04
 
ね!
 
 
 
 
 
 
ホー
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
キム
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
チギョン
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
横の方へも「キム・チギョン」
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
後ろに向かっても「キム・チギョン」
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
もしかしたらウグイスにとっては「ホー ホケキョ」と鳴くよりも「ホー キム・チギョン」と鳴く方が鳴きやすかったりして、
 
春先の練習中に鳴き間違ったヤツの声を聞いた他の連中もそれにつられちゃったのかもしれませんね。
 
私が気がついたのは数年前でしたが、この森では毎年こんな訛り鳴きが聞かれるんですよ。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    ふるさとの 訛りなつかし
 
      停車場の 人ごみの中に
 
        そを 聴きにゆく          石川啄木
 
 
 
    うぐいすの 訛りたのしき
 
      木漏れ日の 薫風の中に
 
        そを 聴きにゆく          しろねこ仙人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年4月 9日 (土)

うちの庭に今年もツバメが飛来、万木の森ではホタルカズラも咲き出して

 
今朝のことでした。
 
私が庭に出ていると、しばらくぶりの懐かしい鳴き声が上の方から聞こえてきました。
 
「ツチクッテ ムシクッテ シブーイ!」
 
見上げてみるとそこにいたのはこのツバメくん! 南の島から今年も遠路はるばる渡ってきたようです。
 
昨年お隣の別荘の玄関で子育てをしたツバメくんでしょうか?
 
昨年と同じお気に入りの電話線に止まって長旅の疲れを癒しているようでした。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
まずは太陽に向かって背伸び〜!
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
そして大声で「おはよー!」
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
続いて疲れた身体をほぐすためにストレッチ体操!
 
イチ
Img_04
 
 
 
 
 
 
ニー
Img_05
 
 
 
 
 
 
サン
Img_06
 
 
 
 
 
 
もひとつおまけに
 
イチ
Img_07
 
 
 
 
 
 
ニー
Img_08
 
 
 
 
 
 
サン
Img_09
 
 
 
 
 
ここで相方を待ってまた子育てをするのでしょうか?
 
今度はうちの玄関でやってくれてもいいんだけどね! 
 
楽しみです♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一方万木の森では今年もホタルカズラが咲き始めました。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
その咲き方はいつもひそやかで清楚です。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年3月28日 (月)

探鳥日和「庭のアオジ、ジョウビタキ、スズメ、万木堰のカワウとウミウ」

 
庭にアオジがやってきました。 うちの庭ではいたってポピュラーな鳥です。
 
この日はスズメノカタビラの小穂を啄ばんでいました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
「これがね、意外といけるんだよ!」
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
「うん、なんとも言えずうまいね〜!」
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
この尾羽の白い模様が、飛ぶ時によく見えますね。 それですぐにこの子だと分かります。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シジュウカラ(→ ジョウビタキの間違いでした)もよくやってきます。
 
とっても綺麗な鳥で、オスは頭がロマンスグレーでかっこいい!
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かわいいスズメとはアイコンタクトを交わしたりして・・・
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもの万木堰にいるのはたいていカワウなんですが、この日は珍しくウミウも一緒にいました。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
カワウはいつものように一発ピュッ! ウミウにはジロッと睨まれてしまいましたね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
おっ、カワウが飛びますよ。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
飛んだ!
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
しかし身体が重かった!!!  バシャバシャバシャ〜〜〜
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
飛んだ後はこうやって翼も尾羽も広げて身体を乾かさなければなりません。
 
いつもなにかしら笑わせてくれる鳥なんです。 緑色の目が印象的ですね。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

より以前の記事一覧