カテゴリー「野鳥」の148件の記事

2018年2月14日 (水)

探鳥日和「狐の嫁入り 舞い飛ぶコガモ」

 
先週木曜日の朝のことでした。
 
まだ明けきらぬかわたれどき、南の空に下弦の月がかかるその下にキラッと光る小さな惑星がひとつ、
 
明けの明星とは違うなと思い調べてみると、その星は木星でした。木星を見たのはしばらくぶりでしたが、
 
ま、木曜日に木星を見たという小さなお話でした。
 
 
で、その4日前の日曜日にしばらくぶりで”狐の嫁入り”に遭遇しました。日が射しているのに雨が降る、
 
あれですね。
 
近所の堰をかみさんと歩いているときのことでした。日の射している堰の水面にいきなり雨が降り注いで
 
きました。狐の嫁入りの始まりです。
 
私たちはすぐそばの東屋に避難してその様子を眺めていました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
雨は強弱を繰り返し、時にはアラレも降ったりしました。まさに驟雨!
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
そして雨の止み間には綺麗な虹が出現! 天が盛大に狐の嫁入りを祝福しているようです。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
その堰に今年は数百羽のコガモが飛来しています。
 
小さな可愛らしいカモで、みんなでピーッ、ピーッ、ピーッと笛を吹くような声で鳴き交わしています。
 
こんなにも愛らしいたくさんの鳴き交わしを聞いたのは初めてのことでした。それはそれは心が優しくなるような
 
素敵な声でした。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
オスの飛翔
 
翼には綺麗な飾り模様、緑色にも青色にも変化してよく目立ちます。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
メスの翼にも同じ模様が見られます。この模様が、シベリアから渡ってくるときに仲間を識別する役に立って
 
いるのかもしれませんね。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
コガモたちは背中に日差しを受けて、降る雨を物ともせずに飛び回っています。
 
翼の模様がまるでユニフォームのよう。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
お腹面は空に溶け込むような淡い色。翼の先にだけ日の光を宿して・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
逆光になると翼の色は消えて、青緑模様の上にある白い帯だけが強調されて見えてきます。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
そして優美なシルエットへと変化。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもならコガモたちはなだらかに滑空しながら着水しますが、この時は激しい水音とともに水に飛び込むように
 
着水していました。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
それもそのはず、これだけたくさんのコガモが来ているものですから、それを狙って若いオオタカが対岸の木に
 
身を潜めていたんです。
 
コガモが飛び立つたびに飛び出してきますが(左上の彼ですね)、狩りの成功率はあまり高くないご様子。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
それでもさすがにオオタカ、確実に仕留めてはいるようで、堰の岸辺にはコガモの羽がたくさん落ちていたりします。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
群れ飛ぶコガモの中に千手観音を発見!
 
身を犠牲にして仲間を守った英雄を弔っているのかな?
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年2月 4日 (日)

探鳥日和「身体は小さくても立派な猛禽類 モズの狩り」

 
冬になると群れスズメがたくさん集まり、うちの庭の木はスズメの実が成ったようになります。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
そのスズメたちは三々五々、うちの前のお宅の草地に降り立っては餌を啄ばんだりしています。
 
いつもそんなのどかな風景が繰り広げられている場所です。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
その草地には冬の鳥ツグミもよくやってきて、こちらは枯れ葉なんかをひっくり返しては餌探しをしたりしています。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ここではツグミが優しげにスズメを見守っていることもあったりして穏やかな空気が流れている、
 
なんとものんびりとした平和な空間なんです、いつもは。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなある日、1羽のモズが突然家の前の道路にスズメを捕まえて降り立ちました。
 
家の中からそんな光景を目撃して2枚のガラス戸越しに撮影しましたので、あまり写りは良くありませんが、
 
ま、ご覧ください。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
モズはスズメに対して何度もくちばしを立てているように見えます。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
このスズメを食べているのでしょうか?
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
時々辺りを警戒するかのように身体を起こしたりしていました。
 
先の曲がった大きなくちばしに猛禽類の特徴を見ることができますね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
後でこの場所を確認してみましたがスズメの羽毛は全く落ちていませんでしたので、この時はまだ
 
スズメを食べてはいなかったように思います。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
おそらくこの時は、くちばしを立ててこのスズメにとどめを刺していたのではないでしょうか?
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
精悍な目つきですね。目のいい鳥ですから、私が見ていることは最初から気がついていたと思います。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
「あの野郎、こっちをじっと見てやがるな! 盗られないうちに逃げるか!」
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
次の瞬間、すかさず行動を開始しました。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
スズメを引っ張って・・・
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
持ち上げて・・・
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
なんと、この小さな身体で自分とあまり大きさの変わらないスズメをくわえて飛び去ってしまいました。
 
画像はボケボケですが・・・
 
Img_16
 
 
 
カエルやトカゲのいない冬場は、こんな風にスズメのような小鳥を捕まえたりして糊口をしのいでいるんでしょうね。
 
さすがは猛禽類! 大したものだと思いました。
 
そして、自然界では当たり前の弱肉強食の厳しさも同時にまざまざと見せていただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月27日 (土)

探鳥日和「庭のバードフィーダーにやってきたメジロ」

 
庭に設置したバードフィーダーのミカンを食べにやってきたメジロです。人間が食べるにはちょっと
 
というミカンを置いてみましたが、メジロは喜んで食べてくれました。なんともありがたいことです。
 
で、どうですか、この毛並み、その美しさには見惚れてしまいます。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
自慢の長い舌、これがミカンを上手に食べるための秘密兵器になっているようです。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
防寒対策も完璧! 暖かそうな羽毛です。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ミカンにくちばしを突っ込んでは・・・
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
たっぷりとつまんで・・・
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
「このミカン、うまいよ〜♪」
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
「うふ、満足満足!」
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
毎日ペアでやってきます。おそらく夫婦なんでしょうね。
 
片方が食べている間、その相方は近くの枝に止まって順番を待っています。その行儀の良さがなんとも健気です。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
ミカンをくわえて・・・
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
「ぱくっ!」
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
「順番順番!」
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
ミカンの一粒を器用に舌で刺して・・・
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
口の中へと送り込みます。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
このペアは2羽とも頭から背中にかけてのウグイス色が濃くて喉の黄色も色鮮やかです。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
まんまるふっくら、鶯餅みたいで美味しそう!
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
 「♪長兵衛 忠兵衛 長忠兵衛〜」
 
うちの庭ではこんな可愛らしい鳴き声がよく聞こえてきます。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月20日 (土)

探鳥日和「海のハンター ミサゴ、走るイソヒヨドリ、面妖なオオバン、ヒドリガモの口論」

 
前回掲載したカワセミを撮影している時、大きなタカが近づいてきました。ミサゴです!
 
しかも大きな魚を携えています。今しがた海で捕らえてきたばかりの獲物のようです。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
鳥の中でも特に目がいいタカですから、ずいぶん遠くから私のことを見ていたことと思います。
 
私に興味を持ったのかどうかは定かではありませんが、低空飛行で私の方に近づいていました。
 
そしてじっと私の方を見ています。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて私を無害と思ったのか無能と見破ったのか、自分の棲む森を目指して飛び始めたようです。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱりかっこいい!
 
それにしてもデカイ! 真上に来た時はファインダーに収まりきれませんでした。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
次に登場するのはイソヒヨドリのシックな美人さんです。色あざやかなオスとは一線を画するこの上品さが
 
この子の身上ですね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
アメリカには道路を猛スピードで走り回るロードランナーという鳥がいて漫画にもなったりしていますが、
 
走ることにかけてはこ子のだって負けてはいません。
 
位置について! よーい!
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
どーん! ・・・と地面を蹴って走り出しました。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ♪走る〜走る〜俺た〜ち〜・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
 ♪流れる汗も〜そのままに〜
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
爆風スランプの「Runner」を歌いながら(?)、快調に走り続けていました。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
閑話休題、こちらはなんとも面妖な鳥オオバンです。
 
額まである真っ白いくちばし、真っ赤な目、真っ黒な体・・・
 
あんた、いったい何者? 出会うたびにいつもそう思ってしまいます。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな額まで伸びたくちばしに、進化する上でどんなメリットがあったんでしょう? 謎です。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
足の水掻きだって尋常ではありません。
 
普通の水鳥は足指の間をつなぐように水掻きがありますが、こやつの場合は長い足指ごとに葉っぱのような
 
ものが水掻きとして付いています。でもこんなものではあまり速く泳げないように思うのですが・・・
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
急いで泳ぐときにはこんな風に体を目一杯前に倒して必死で泳いでいました。
 
が、やっぱり普通のカモのように速くは泳げていないようです。
 
果たしてこの足のメリットは? カモよりは陸上をスタスタ歩けるのかも、という気はしますが・・・
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はヒドリガモです。
 
私が子供の頃「ひょっこりひょうたん島」という人形劇があって毎日楽しみに見ていましたが、その歌詞の出だしが
 
 ♪波をジャブジャブジャブジャブかきわけて〜
 
この子を見ていたら、そんな歌を思い出してしまいました。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、こちらでは何やら口論(?)が始まったようです。
 
1羽のオスに向かって2羽のオスが翼でバツ印を作って、盛んに文句を言っているように見えます。
 
何をしているんでしょう? よくわかりませんでしたが、 やっぱりケンカかな?
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
挨拶は時の氏神という言葉がありますが、カモの世界にも仲裁をする御仁はきちんといるようです。
 
「まぁまぁ、おたいらにおたいらに!」
 
おかげで、よくカイツブリがするような激しい喧嘩にならずにおさまったようです。
 
Img_17
 
 
 
 
めでたしめでたし!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月13日 (土)

探鳥日和「沙漠のカワセミ」

 
この冬はカワセミの活動が活発なようです。
 
まずは紅も鮮やかな女の子。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
冬らしく着膨れたような”ふくらカワセミ”。こんな姿も可愛らしいですね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
さっそく小魚ゲット! 着膨れてはいても動きは敏捷です。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
あらよ!
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
ひょい! 見事着木(!?)
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
このあとも何度も水に飛び込んでは魚を捕まえます。おかげで喉の白い毛並みはすっかり濡れてしまい・・・
 
ひとしきり毛づくろいをした後、上流へと飛び去って行きました。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらは男の子。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
身構えて・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
離陸!
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
その影はカモメみたいに見えてかっこいい!
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
羽ばたいて・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
羽ばたいて・・・
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
再び着地。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
ランドセルを背負って野球帽をかぶったわんぱく小学生? 仮装大賞ならば合格間違いなし、ですね。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
収まるとまた元の”ふくらカワセミ”。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
このあと何度も水に飛び込みますが獲物はゲットできず。くちばしだけがむなしく濡れています。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
また飛んで・・・
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
飛んで・・・
 
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
飛んで・・・
 
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
今度も飛び込むかと期待しましたが水には飛び込まず対岸へと移動。
 
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
今日はダメだなーという顔(?)をしたあと、この子も上流へと帰って行きました。
 
Img_21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年1月 4日 (木)

探鳥日和 「<新春三鷹> チョウゲンボウ、ノスリ、ハヤブサ」

 
東京には東京駅と高尾駅を結んでいる中央線というのがあって、途中に三鷹(みたか)という駅があります。
 
その駅のホームで若い女性が電車を待っていました。やがて電車が入ってくるとともに一陣の風が吹いて
 
その女性のスカートがめくれ上がってしまいました。
 
その瞬間ホームのアナウンスが 「みたかー、みたかー」
 
 
 
 
今年最初のテーマは三鷹(みたか)ではなくて、縁起良く三鷹(さんたか)です。
 
 
まずはチョウゲンボウから。
 
ネズミを狙っているのでしょうか? 冬枯れの田んぼを見下ろす電線に止まっている姿をよく見かけます。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
チョウゲンボウはタカの中では小さいほうですが、それでも翼を広げるとなかなか迫力がありますね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
つぶらな瞳が可愛らしいタカだと思います。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
比較的人懐こいタカですね。飛びながら私の方を見つめてくれました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
電柱に止まってさらにガン見!
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
飛び立つ時は尾羽を目一杯広げて風をつかみます。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
私を意識してか、こちらに向かって飛んできました。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
上空を通過して・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
旋回しながらもまだこちらを見ていました。この子に気に入られたかな?
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはまた別の個体。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ幼鳥でしょうか? どこかあどけなさが残っているようです。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三鷹の2番目はノスリです。
 
高い木の上で威風堂々! 大きなタカです。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
私に気づいたようで、この子も飛びました。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
さすがに翼がでかい!
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
翼の形もきれい!
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
より高い木のてっぺんに移動して・・・
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
高みの見物を決め込んでしまったようです。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はハヤブサです。
 
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
私と目が合った瞬間、日向に回り込む暇もないうちに・・・
 
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
この子にも飛ばれちゃいました。
 
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
タカの飛翔はとにかくかっこいいですね。
 
Img_21
 
 
 
 
 
 
 
 
昔のホンダの翼のマークのようです。このマークをつけたバイクに憧れたものでした。
 
Img_22
 
 
 
 
 
 
今年も良い年でありますように!
 
みなさん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年12月23日 (土)

探鳥日和「スズメ、カワセミ、アオジ、ウ」

 
房総半島のスズメです。ま、端的に言えばうちの庭のスズメです。今朝撮ったものです。
 
札幌のスズメを撮ってみて、外房のスズメはあまりダウンが発達していないことを実感しました。
 
それでもこんな風にふくらすずめになってみると、やっぱり立派なダウンをまとっているようにも見えますか。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
飛び立った時のスズメの足はくるっと可愛らしく丸まっているんですね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
仲が良さそうな様子の2羽、親子でしょうか? それとも夫婦かな?
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
キリッとした精悍な顔、若い男の子かな?
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
前かがみになった次の瞬間・・・
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャ〜ンプ!
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
今日出会ったカワセミ、カワセミとはしばらくぶりで出会いました。くちばしに紅を引いた女の子でした。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
藪の忍者アオジです。ものすごい高音で秘かに鳴き交わすところも忍者風。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
烏合の衆、いや鵜合の衆。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
ここからはおまけです。
 
綿の花、綿花。でも実はこれ、実ですね。この綿の中にタネが入っています。
 
ワタはアオイ科ですからオクラと同じような綺麗な花を咲かせますね。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
タンポポの綿毛です。朝露が降りて白く輝いていました。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
マンガに出てくるようなワニさん!? カミさんが見つけてそう主張するので載せてみました。
 
言われてみるとそう見えなくもないかな?
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
今年はこれでおしまいです。みなさん、今年もお付き合いいただきありがとうございました。
 
どうか良いお年をお迎えください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年11月15日 (水)

探鳥日和「マガモ、オシドリ、スズメ、ハト、カラス」

 
秋の陽だまりの中、池に浮かぶ太陽で暖をとっているカモふたり。
 
Img01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
降り注ぐ太陽のかけらを拾い集めて泳いでいるカモひとり。
 
Img02
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらではマガモのメスが片方の翼を伸ばして・・・
 
Img03
 
 
 
 
 
 
 
 
さても南京玉すだれー!
 
Img04
 
 
 
 
 
 
 
 
見慣れぬカモが泳いでいるかと思ってよく見たら・・・
 
Img05
 
 
 
 
 
 
 
 
な〜んだ、オシドリのメスでした。
 
Img06
 
 
 
 
 
 
 
 
人間の世界でもメガネの似合う女性は人気がありますが、オシドリのメガネ美人さんも
 
可愛らしいですね。
 
Img07
 
 
 
 
 
 
 
 
スズメのつぶやき「おやぁ〜、この赤い実はどこから落ちてきたのかな?」
 
Img08
 
 
 
 
 
 
 
 
「おいしそう〜! も〜らい!」
 
Img09
 
 
 
 
 
 
 
 
それにしても北海道のスズメはお腹にも背中にもダウン(羽毛) がたっぷりであったかそう。
 
Img10
 
 
 
 
 
 
 
 
防寒対策ではこのハトだって負けてません。見てください、この見事な着膨れ姿を!
 
Img11
 
 
 
 
 
 
 
 
一方この子はビックリまなこ、豆鉄砲を食らったよう?
 
Img12
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはプルシアンブルーに輝くハシブトガラス。
 
能あるタカは爪を隠すそうですが、能あるカラスはその美色を隠していましたね。
 
Img13
 
 
 
 
 
 
 
 
普段はその美色をオフにして忍者のような黒装束。
 
Img14
 
 
 
 
 
 
 
 
カラスって、賢そうな目をしているんですよね。そんな目を見てると、この子たちとは会話が
 
できそうな気がしてきちゃいます。
 
Img15
 
 
 
 
 
 
 
 
寝癖のついた頭、毛むくじゃらの顔、でっかいくちばし・・・
 
近くで見るとなかなか迫力のあるご面相をしています。
 
Img16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの写真は芸術的な巣。
 
Img17
 
 
 
 
 
 
 
 
コガタスズメバチではないかと思われます。
 
Img18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年11月 7日 (火)

探鳥日和「オオアカゲラ、アカゲラ、ミヤマカケス、ゴジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ」

 
秋は野鳥たちにとっても、越冬のための餌探しに大忙しの季節のようです。
 
まずはオオアカゲラ(♀)です。オオアカゲラはオスもメスもお腹に縦のシマがありますので、
 
そんな個性もアカゲラとの違いのひとつになっていると思います。
 
Img01
 
 
 
 
 
 
 
 
この子は木の幹をあちこち突っついては、その中に潜んでいる虫を探していました。
 
今の時期、この子に限らず多くの野鳥が餌探しに夢中になっているようです。 
 
Img02
 
 
 
 
 
 
 
 
オオアカゲラは背中の市松模様がアカゲラのようには整っていなくて、こんな風に少し乱れて
 
いるという面白さもあるように思います。このあとアカゲラの背中も載せてみますので見比べて
 
みてください。
 
Img03
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらがそのアカゲラ(♀)です。
 
Img04
 
 
 
 
 
 
 
 
この子も盛んに木の幹を叩いて虫探しに夢中のご様子。
 
Img05
 
 
 
 
 
 
 
 
アカゲラの仲間は神様からこんな風に顔にやっこさん模様を書かれてしまったので、なんかとても
 
愛嬌があるように感じられます。
 
Img06
 
 
 
 
 
 
 
 
アカゲラの背中の市松模様はこんな感じで、オオアカゲラよりも整然としていますね。
 
Img07
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはアカゲラのオスです。枝被りになってしまいましたが、オスはこの1枚しか撮れませんでしたので
 
無理やり載せてしまいました。ちなみにオスのアカゲラは後頭部の赤い羽毛がチャームポイント、ですね。
 
Img08
 
 
 
 
 
 
 
 
お次は留鳥としては北海道にのみ生息するミヤマカケスです。このように頭の部分が茶色いのが
 
ミヤマカケスのトレードマークになっています。
 
Img09
 
 
 
 
 
 
 
 
つぶらな瞳も可愛いでしょ! 本州のカケスには白眼があるので、その分人相(鳥相?)が鋭く
 
見えますが、ミヤマカケスは茶色い頭と相まってとっても可愛らしく見えます。
 
日本の一部の地域では樫鳥とも呼ばれているそうで、その名の通りどんぐりが大好き!
 
この時は、拾ったこのどんぐりをせっせとどこかに隠していました。
 
Img10
 
 
 
 
 
 
 
 
こう見えて(いや、どう見えているかわかりませんが)カラスの仲間です。
 
白樺の木に止まっているところがちょいと北海道っぽいかも。
 
Img11
 
 
 
 
 
 
 
 
真上から見た頭の感じもカケスとはずいぶん違うように見えます。
 
Img12
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはゴジュウカラです。シジュウカラより10歳年上なだけあって(ホントか?)、
 
シジュウカラのように木の枝ではなく木の幹を活躍の場としている鳥です。
 
Img13
 
 
 
 
 
 
 
 
キツツキも木の幹を生活の場としていますが、ゴジュウカラはキツツキのように幹を登るだけでなく
 
降りてくることだってできちゃうんです。かなりの曲芸師なんです。
 
Img14
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてこれがゴジュウカラお得意のポーズ! しょっちゅうこの止まり方をしていますね。
 
くちばしについているのは木のカスでしょうか、それとも小さな虫? 何れにしてもこの子も
 
餌探しの真っ最中のようでした。
 
Img15
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらでは木の皮の下を探って・・・
 
Img16
 
 
 
 
 
 
 
 
なにやら餌のようなものを見つけ出したようです。
 
Img17
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはハシブトガラです。でもコガラかもしれません。両者は非常によく似ていますので私には
 
区別がつかないのですが、せっかく北海道で出会ったのですから北海道の留鳥であるハシブトガラと
 
いうことにしておきます。この時はたくさんのカラ類に混じって飛び回っていました。
 
Img18
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はおなじみのヤマガラです。ですが、私は札幌に来て初めてヤマガラが地面に止まっている
 
姿を見ました。私が住んでいる千葉県では、ヤマガラが地面に降りるなんて想像したことも
 
ありませんでした。これって私が無知なだけかな?
 
でもやっぱり私にとってはかなりのスクープ映像です!
 
Img19
 
 
 
 
 
 
 
 
また別の場所でもこんな風に・・・
 
札幌ではヤマガラはスズメのように普通に地面に降りるので、もうびっくり!
 
しかもなんと、地面に降りているスズメに至っては、50〜60cmぐらいのそばを通り過ぎても
 
全く逃げないんです。
 
つくづく札幌って不思議な街だなーと思うんですよ。
 
Img20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年8月 6日 (日)

探鳥日和「カイツブリのバトル」

 
またしてもカイツブリのお話です。
 
まずは扉の絵として、萌え出づる若葉のフィルター越しのカイツブリからスタートです。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
とある日、2羽のカイツブリが争っている場面に遭遇しました。
 
最初は、例えばこんな感じから始まったのかも・・・
 
「や〜い、おまえのかあさん、で〜べ〜そ〜!」
 
  (おっと、鳥におへそはなかったか。 でも私が子供の頃はよくこう言い合って喧嘩したものでした)
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
「なんだとぉー、このヤロー!」
 
「おっ、やるか!」
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな言い争いから(?)、激しい戦いの火蓋が切って落とされました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
どちらも1歩も譲りません。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
声は聞こえませんでしたが、何か叫んでいるようにも見えます。 それとも必死の口呼吸?
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
片方が手刀を振りかざしながら飛び上がって・・・・
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
相手を水の中へと沈めます。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
水に潜るのは得意な鳥ですが、こんなに激しい戦いを水面や水中でもやっているのですから
 
相当息も切れると思うのですが、どちらも引く気配がありません。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
激しく水しぶきが上がり、その水音だけが湖面に響き渡ります。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
いつ果てるとも分からない戦いでしたが・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて一方が、流石にこれはかなわないという感じで逃げ出し、もう一方はその後を執拗に追いかけます。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらく追いかけた後、勝ちを納得したカイツブリが追うのをやめて、やっと決着がついたようです。
 
今の時期はメスが1回目の子育てを終えた頃ですから、これはオス同士のメスを巡る戦いだったのかも
 
しれません。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
これはまた別の日ですが、用心深いカイツブリが何を間違ったのか、こちらに向かって水面走りを
 
始めたところを捉えることができました。こんな光景は初めて見てちょっとビックリ!
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらは、親の庇護を離れて独り立ちしたばかりのカイツブリの若です。
 
すぐそばをコシアキトンボが飛んで、なんとものどかな風景でした。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のおまけの花はスイレン2花です。
 
猛暑をものともせず、涼やかに咲いていました。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ