カテゴリー「野鳥」の141件の記事

2017年11月15日 (水)

探鳥日和「マガモ、オシドリ、スズメ、ハト、カラス」

 
秋の陽だまりの中、池に浮かぶ太陽で暖をとっているカモふたり。
 
Img01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
降り注ぐ太陽のかけらを拾い集めて泳いでいるカモひとり。
 
Img02
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらではマガモのメスが片方の翼を伸ばして・・・
 
Img03
 
 
 
 
 
 
 
 
さても南京玉すだれー!
 
Img04
 
 
 
 
 
 
 
 
見慣れぬカモが泳いでいるかと思ってよく見たら・・・
 
Img05
 
 
 
 
 
 
 
 
な〜んだ、オシドリのメスでした。
 
Img06
 
 
 
 
 
 
 
 
人間の世界でもメガネの似合う女性は人気がありますが、オシドリのメガネ美人さんも
 
可愛らしいですね。
 
Img07
 
 
 
 
 
 
 
 
スズメのつぶやき「おやぁ〜、この赤い実はどこから落ちてきたのかな?」
 
Img08
 
 
 
 
 
 
 
 
「おいしそう〜! も〜らい!」
 
Img09
 
 
 
 
 
 
 
 
それにしても北海道のスズメはお腹にも背中にもダウン(羽毛) がたっぷりであったかそう。
 
Img10
 
 
 
 
 
 
 
 
防寒対策ではこのハトだって負けてません。見てください、この見事な着膨れ姿を!
 
Img11
 
 
 
 
 
 
 
 
一方この子はビックリまなこ、豆鉄砲を食らったよう?
 
Img12
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはプルシアンブルーに輝くハシブトガラス。
 
能あるタカは爪を隠すそうですが、能あるカラスはその美色を隠していましたね。
 
Img13
 
 
 
 
 
 
 
 
普段はその美色をオフにして忍者のような黒装束。
 
Img14
 
 
 
 
 
 
 
 
カラスって、賢そうな目をしているんですよね。そんな目を見てると、この子たちとは会話が
 
できそうな気がしてきちゃいます。
 
Img15
 
 
 
 
 
 
 
 
寝癖のついた頭、毛むくじゃらの顔、でっかいくちばし・・・
 
近くで見るとなかなか迫力のあるご面相をしています。
 
Img16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの写真は芸術的な巣。
 
Img17
 
 
 
 
 
 
 
 
コガタスズメバチではないかと思われます。
 
Img18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年11月 7日 (火)

探鳥日和「オオアカゲラ、アカゲラ、ミヤマカケス、ゴジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ」

 
秋は野鳥たちにとっても、越冬のための餌探しに大忙しの季節のようです。
 
まずはオオアカゲラ(♀)です。オオアカゲラはオスもメスもお腹に縦のシマがありますので、
 
そんな個性もアカゲラとの違いのひとつになっていると思います。
 
Img01
 
 
 
 
 
 
 
 
この子は木の幹をあちこち突っついては、その中に潜んでいる虫を探していました。
 
今の時期、この子に限らず多くの野鳥が餌探しに夢中になっているようです。 
 
Img02
 
 
 
 
 
 
 
 
オオアカゲラは背中の市松模様がアカゲラのようには整っていなくて、こんな風に少し乱れて
 
いるという面白さもあるように思います。このあとアカゲラの背中も載せてみますので見比べて
 
みてください。
 
Img03
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらがそのアカゲラ(♀)です。
 
Img04
 
 
 
 
 
 
 
 
この子も盛んに木の幹を叩いて虫探しに夢中のご様子。
 
Img05
 
 
 
 
 
 
 
 
アカゲラの仲間は神様からこんな風に顔にやっこさん模様を書かれてしまったので、なんかとても
 
愛嬌があるように感じられます。
 
Img06
 
 
 
 
 
 
 
 
アカゲラの背中の市松模様はこんな感じで、オオアカゲラよりも整然としていますね。
 
Img07
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはアカゲラのオスです。枝被りになってしまいましたが、オスはこの1枚しか撮れませんでしたので
 
無理やり載せてしまいました。ちなみにオスのアカゲラは後頭部の赤い羽毛がチャームポイント、ですね。
 
Img08
 
 
 
 
 
 
 
 
お次は留鳥としては北海道にのみ生息するミヤマカケスです。このように頭の部分が茶色いのが
 
ミヤマカケスのトレードマークになっています。
 
Img09
 
 
 
 
 
 
 
 
つぶらな瞳も可愛いでしょ! 本州のカケスには白眼があるので、その分人相(鳥相?)が鋭く
 
見えますが、ミヤマカケスは茶色い頭と相まってとっても可愛らしく見えます。
 
日本の一部の地域では樫鳥とも呼ばれているそうで、その名の通りどんぐりが大好き!
 
この時は、拾ったこのどんぐりをせっせとどこかに隠していました。
 
Img10
 
 
 
 
 
 
 
 
こう見えて(いや、どう見えているかわかりませんが)カラスの仲間です。
 
白樺の木に止まっているところがちょいと北海道っぽいかも。
 
Img11
 
 
 
 
 
 
 
 
真上から見た頭の感じもカケスとはずいぶん違うように見えます。
 
Img12
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはゴジュウカラです。シジュウカラより10歳年上なだけあって(ホントか?)、
 
シジュウカラのように木の枝ではなく木の幹を活躍の場としている鳥です。
 
Img13
 
 
 
 
 
 
 
 
キツツキも木の幹を生活の場としていますが、ゴジュウカラはキツツキのように幹を登るだけでなく
 
降りてくることだってできちゃうんです。かなりの曲芸師なんです。
 
Img14
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてこれがゴジュウカラお得意のポーズ! しょっちゅうこの止まり方をしていますね。
 
くちばしについているのは木のカスでしょうか、それとも小さな虫? 何れにしてもこの子も
 
餌探しの真っ最中のようでした。
 
Img15
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらでは木の皮の下を探って・・・
 
Img16
 
 
 
 
 
 
 
 
なにやら餌のようなものを見つけ出したようです。
 
Img17
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはハシブトガラです。でもコガラかもしれません。両者は非常によく似ていますので私には
 
区別がつかないのですが、せっかく北海道で出会ったのですから北海道の留鳥であるハシブトガラと
 
いうことにしておきます。この時はたくさんのカラ類に混じって飛び回っていました。
 
Img18
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はおなじみのヤマガラです。ですが、私は札幌に来て初めてヤマガラが地面に止まっている
 
姿を見ました。私が住んでいる千葉県では、ヤマガラが地面に降りるなんて想像したことも
 
ありませんでした。これって私が無知なだけかな?
 
でもやっぱり私にとってはかなりのスクープ映像です!
 
Img19
 
 
 
 
 
 
 
 
また別の場所でもこんな風に・・・
 
札幌ではヤマガラはスズメのように普通に地面に降りるので、もうびっくり!
 
しかもなんと、地面に降りているスズメに至っては、50〜60cmぐらいのそばを通り過ぎても
 
全く逃げないんです。
 
つくづく札幌って不思議な街だなーと思うんですよ。
 
Img20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年8月 6日 (日)

探鳥日和「カイツブリのバトル」

 
またしてもカイツブリのお話です。
 
まずは扉の絵として、萌え出づる若葉のフィルター越しのカイツブリからスタートです。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
とある日、2羽のカイツブリが争っている場面に遭遇しました。
 
最初は、例えばこんな感じから始まったのかも・・・
 
「や〜い、おまえのかあさん、で〜べ〜そ〜!」
 
  (おっと、鳥におへそはなかったか。 でも私が子供の頃はよくこう言い合って喧嘩したものでした)
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
「なんだとぉー、このヤロー!」
 
「おっ、やるか!」
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな言い争いから(?)、激しい戦いの火蓋が切って落とされました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
どちらも1歩も譲りません。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
声は聞こえませんでしたが、何か叫んでいるようにも見えます。 それとも必死の口呼吸?
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
片方が手刀を振りかざしながら飛び上がって・・・・
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
相手を水の中へと沈めます。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
水に潜るのは得意な鳥ですが、こんなに激しい戦いを水面や水中でもやっているのですから
 
相当息も切れると思うのですが、どちらも引く気配がありません。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
激しく水しぶきが上がり、その水音だけが湖面に響き渡ります。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
いつ果てるとも分からない戦いでしたが・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて一方が、流石にこれはかなわないという感じで逃げ出し、もう一方はその後を執拗に追いかけます。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらく追いかけた後、勝ちを納得したカイツブリが追うのをやめて、やっと決着がついたようです。
 
今の時期はメスが1回目の子育てを終えた頃ですから、これはオス同士のメスを巡る戦いだったのかも
 
しれません。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
これはまた別の日ですが、用心深いカイツブリが何を間違ったのか、こちらに向かって水面走りを
 
始めたところを捉えることができました。こんな光景は初めて見てちょっとビックリ!
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらは、親の庇護を離れて独り立ちしたばかりのカイツブリの若です。
 
すぐそばをコシアキトンボが飛んで、なんとものどかな風景でした。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のおまけの花はスイレン2花です。
 
猛暑をものともせず、涼やかに咲いていました。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年7月20日 (木)

探鳥日和「尾無しスズメの正体」

 
1か月余り前のブログでサンコウチョウとのつながりで尾無しスズメのことをちょこっと載せましたが、
 
今回はその尾無しスズメのオナッシーに注目して追いかけてみました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
このオナッシー、後ろから見るとやっぱり不思議な姿をしています。尾羽がないだけで随分印象って
 
変わるものなんですね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
それでも面構えは精悍そのもののようで、元気いっぱい、生活に何の支障もなさそうです。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
餌台の下にこぼれたヒマワリのタネをついばんでいたり・・・
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
駐車場まで飛んだ餌を追いかけてみたり、食欲も旺盛のようです。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
仲間と声を合わせて、屋根の上で合唱していることもありました。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
今現在、この辺りでスズメたちの一番の天敵といえばまず間違いなくうちのピッピですから、
 
きっとこの子はピッピに襲われたけれど、からくも逃げおおせたということなのかもしれません。
 
それとも仲間内のいさかいで尾羽をなくしてしまったとか? 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
ある時は、こんな風に羽根を飛び出させていたこともありましたので、仲間内のいさかいというのも
 
あながち皆無ではないのかもしれません。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
よくこの餌台に餌を食べにやってくるオナッシーでしたが・・・
 
ある日、その意外な正体が判明しました。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
なんと、ヒナ鳥たちのお母さんだったのです!
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒナ鳥に口移しで餌を与えています。まさに愛情あふれる母親の姿そのものですね。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
あっ、でも餌を落とした!
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
「あ〜ん、餌ちょうだ〜い!」
 
「今あげたでしょ!」
 
「わ〜ん、口に入らなかったよ〜!」
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
「しょうがない子だね〜、今度はちゃんと食べるんだよ」
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
「落とさないように今度は口の奥の方に入れてあげるからね」
 
Img_15
 
 
 
 
この子たちのためにもオナッシーが元気でいてくれて良かったと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚、今日の花はヒナキキョウソウです。
 
6月の初め頃、野原の草むらにひっそりと咲いていました。
 
5枚花弁の花はかわいらしいものが多い気がしますが、この花にもそんな可憐さがあるように思います。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年7月 4日 (火)

探鳥日和「ウグイスの巣立ち若、カイツブリの賑わい、メジロの巣材集め」

 
藪の中で「ケキョケキョケキョケキョ」と鳴くウグイスのすぐそばで、何羽ものウグイスが
 
「チャッ、チャッ、チャッ、チャッ」と地鳴きしていました。
 
親の声に促されて巣立ちしたばかりのウグイスの若たちです。
 
黄色いくちばしが初々しいですね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
そのうちの1羽、この子が私のカメラに興味を持ってくれたようで、じっとこちらを見つめてくれました。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
過眼線もまだあまりはっきりしていなくて、なんとも愛くるしい顔をしています。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらは私が大好きな水鳥、おなじみのカイツブリです。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
鳥たちが子育てをするこの時期、こちらも親子連れで泳いでいました。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
親鳥がよく通る鋭い声で「ピッ!」と鳴いて、子供達を引率していきます。まるで幼稚園の先生のように。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは体操の真っ最中!?  深呼吸!
 
おいっち
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
にいー
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
さーん
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
なおれ!
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
かと思うと、今度は猛ダッシュ! バシャバシャバシャバシャ!
 
カイツブリがこうやって水面上を走り回る様はよく見かけますが、まだ一度も空を飛んでいる姿を
 
見たことがありません。いつか見てみたいものです。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
メジロが巣作りの材料を集めている場面に遭遇しました。これ、なんだかわかりますか?
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
メジロはコケなんかを集めてお椀型の巣を作りますが、その巣の補強材としてクモの糸を使いますね。
 
そのクモの糸を集めているところでした。糸がまとわりついて、ちょっと苦戦してるかな?
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
ま、大丈夫でしょう。何事もなかったように飛び去って行きました。
 
Img_14
 
 
 
 
まさに今の季節は、新しい命が満ち溢れる季節なんですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚は、今うちの庭で咲いているネジバナです。モジズリともいいますが、これもランの
 
一種ですね。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年6月25日 (日)

探鳥日和「巣箱のシジュウカラがついに巣立ちました」

 
シジュウカラの親たちが巣箱に虫餌を運び始めてから2週間以上経った頃、ヒナたちが巣箱から
 
顔をみせるようになりました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
親も、餌を持ってきてもすぐには巣箱に入らなくなってきました。巣立ちが近いのでしょう、ヒナたちを
 
巣箱の外に導くような仕草をしています。
 
啐啄(そったく)同時という言葉があります。ヒナが卵を割って出てくるとき中から殻を叩くと(啐)、親もそれに
 
合わせて外から突いて殻を割る(啄)、そんな絶対の好機を表す言葉ですが、親はヒナが飛べるように
 
なったこともちゃんと理解して巣立ちを促しているんだろうと思います。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて巣箱の外から給餌する姿が見られるようになってきました。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒナの位置からすると、中では他のヒナを踏み台にして巣穴まで出てきているような気がします。おいおい!
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
親が大きな虫を捕まえて巣箱へ戻ってきます。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
巣には入らず屋根に止まります。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
「おいしい餌を持ってきたよ。出ておいで!」
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
「餌ちょうだ〜い! お腹すたよ〜!」
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
「食べたければ出ておいで!」
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
親に導かれてヒナも巣箱から身を乗り出したりするようになりました。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
でもなかなか飛び出す決心がつかない様子です。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
何度も身を乗り出したり引っ込んだりを繰り返していましたが、とうとう最初の1羽が意を決したようです。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
ついに飛び出しました。
 
危険を恐れずに全く新しいことにチャレンジするベンチャー精神溢れる人のことを、敬意を込めて
 
ファーストペンギンと呼んだりしますが、この最初に飛び出したヒナもまさに勇敢なファーストペンギン
 
そのもでした。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
あとはもう、堰を切ったように次々にヒナたちが飛び出して行きました。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
10羽前後のヒナたちが巣立っていったようですが、これから本当の試練が待ち構えているんだと思います。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
またひとつ、生命のたくましさとか自然の厳しさを見せてもらった気がします。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年6月19日 (月)

探鳥日和「今年も庭の巣箱でシジュウカラが子育て中」

 
5月に入ってからのことでした。今年もシジュウカラが、庭のクスノキにかけた巣箱をチェックしに
 
やってくるようになりました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
「作りもしっかりしているようだし、ここいいんじゃない!」
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
「よし、ここ気に入った! ここで子育てしよう!」
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
その後、メスがせっせとコケなんかを巣箱に運び始めました。巣作りはメスが主導権を握っているようです。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
オスはそばの木に止まって「ツツピー、ツツピー」と声援を送っていました。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて雛がかえったようで、せっせと虫餌を運び始めました。
 
餌運びはオスメス共同で行っているようです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
虫は必ず弱らせてから持ってくるようです。きっと雛への配慮なんでしょうね。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
面白いことに、こうやって虫をくわえていても「グジュグジュ、ツピー」と鳴けることを発見!
 
喉で鳴いているからでしょうか?
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
巣箱に入って雛に餌を与えた後は、こうやって雛がした糞を巣外へと運び出します。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
この行動は、巣の雛が外敵に狙われないための配慮なんでしょうね。用心深い鳥です。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
昨年は子育て中の巣箱にヘビが近づいたからでしょうか、巣立ち間近の雛9羽を残したまま
 
親が巣を放棄してしまいました。
 
今年はうまく全員が巣立ってくれることを願っているところです。
 
私の勘では巣立ちは今週末か来週初めぐらいと睨んでいます。果たして。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年6月13日 (火)

探鳥日和「オオタカ、サシバ、ホオジロ、セッカ、サンコウチョウ、尾無しスズメ、弾丸ムク」

 
上空をオオタカが悠然と飛んでいました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
足に何かぶら下げていますね。 もしかしてツチノコ? 
 
だったら大変ですが、多分アオダイショウでしょうね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
獲物が気になるのか、しきりに足元に目をやっていました。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはサシバでしょうか? あっという間に飛び去ってしまいました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
このシルエットはサシバですね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
面白いことに、この子は足を出したまま飛んでいました。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
電線にホオジロが止まっています。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
「一筆啓上仕り候」 または 「札幌ラーメン味噌ラーメン」
 
あはは、私にはそうは聞こえませんが、なんとも楽しい聞きなしです。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
セッカです。
 
飛びながら鳴いているその声はよく聞きますが、とにかく小さい鳥なのでなかなか姿までは確認
 
できません。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
このクリンとした青い目、サンコウチョウですね。でも尾羽が短い! 
 
「月日星、ホイホイホイ」 口笛のような軽やかな鳴き声も聞こえていましたが、この子はメス?
 
いずれにせよ、初めてのかそけき出会いでした。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
うちの近所には尾羽のないスズメもいることですから、尾羽が短いオスのサンコウチョウも
 
いるかも。
 
鳥の尾羽は外敵に襲われるとすぐに抜けるという話も聞いたことがありますし。
 
ということは、この子の尾羽をとったのはうちのピッピかも。無事でよかった。
 
この子はお尻が丸くてとっても可愛らしく見えるんですよ。今度じっくり狙ってみようかな?
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
弾丸ムク!
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚はタイサンボクの花です。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年6月 1日 (木)

探鳥日和「カルガモ母さん子育て中」

 
朝の散歩道で、子育て中のカルガモ母さんに出会いました。
 
このとき連れていた子供の数は6羽。普通はもう少し数が多いように思いますので、もうすでに
 
何羽かカラスの餌食になっていたかもしれません。
 
でもこれも自然の摂理、ということなんでしょうね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
カルガモの子供をじっくり見てみたのは今回が初めてですが、なんとも可愛い顔をしていますね。
 
目を横切るはっきりとした過眼線が印象的です。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
後ろの3羽が悪戯っぽい目でこちらを見つめてきます。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
体の黄色い斑点は木漏れ日模様、自然の迷彩服になっているようです。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
2回目に出会ったときには雛は4羽になっていました。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
「子供たち、ちゃんとお母さんについてくるんですよ!」 「は〜い!」
 
Img_06
 
 
 
 
でもこの親子を見かけたのは、これが最後でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
比較のために、数年前に札幌で撮ったオシドリの子供も再掲してみましょう。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
カルガモとはまた違った可愛らしさがありますね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
オシドリの子供にここまで近づけるのが札幌のすごいところだと思います。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらはマガモの子供。
 
同じカモでも種類によって少しずつ子供の特徴に違いがありますね。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚はハコネウツギです。
 
白く咲いて紅く染まる、そんな特徴がありますね。スイカズラの仲間でそうです。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年5月24日 (水)

探鳥日和 in 田んぼ「オシドリ、ハクセキレイ、ムクドリ、ツバメ・・・」

 
春の田んぼでは鳥たちが楽しそうです。
 
 
ある朝早く、田んぼのあぜ道にオシドリの夫婦が仲良く。きっとここが昨夜のねぐらだったのでしょう。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
ハクセキレイが松葉杖をついて歩いていました。 え? まさか?
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
今度は虫をゲット! やったね!
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは別のハクセキレイ、ひらりひらりと優雅に飛んで・・・
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは巣の材料を集めているようです。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのムクドリくんは顔を泥だらけにして田植えの真っ最中!?
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
ツバメは田んぼの泥をしゃくって、巣作りに余念がありません。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
スズメも朝から楽しそう。 あっちへヒラリ・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
こっちへヒラリ・・・
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは逆さスズメ  ・・・サカサスズメ
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
ではこちらは?
 
アカサカサカス、ではなくて、サカサカラス!
 
電線に止まったカラスが田んぼの水面に写っているところでした。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚はタツナミソウです。
 
立浪草、葛飾北斎描くところの浪のような感じがしませんか?
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ